埼玉総合法律事務所

電話:048-862-0355
今週の埼玉総合

大嶋匠選手

 

日本ハムファイターズの大嶋匠選手、
早稲田大学ソフトボール部の後輩です。
今年はプロ6年目ながら一軍での出番がなく、
厳しい立場にありますが、
先日、契約を更改し、
来季も日ハムでプレーできることになりました。

関係者によれば、
ブルペンキャッチャー代わりに契約してもらっただけだ
などという声もあるようですが、
なんとか一軍で結果を出して、
早大ソフト部のレベルの高さを世に知らしめてもらいたいです!

弁護士 佐渡島 啓

 

長時間労働と交通事故

 

最近受任した交通事故に、道路の左端路側帯を歩いていたのに、居眠り運転の車にはねられて何メートルも飛ばされたという事件がある。幸い被害者の命に別条はなかったが、一歩間違えばという事故である。時間は朝、加害者(相手方)は夜勤明けの看護師であった。

他方、過労死の集会で、夜勤続きの若者が帰宅途中に疲労で居眠りし原付自転車の事故を起こして亡くなったという話を聞いた。JRでは、線路の保線工事に従事していた孫請け会社の60代の労働者が夜勤続きの帰り道、居眠り運転で事故を起こし、同乗者4人中3人が亡くなる、という事故が報告されている。

日本の長時間労働は異常な事態。それなのに、働き方改革関連法案には、長時間労働を野放しにする高度プロフェッショナル制度や裁量労働制の拡大が盛り込まれている。また、長時間労働是正策も、一般の労働者にも年間960時間の時間外労働を許容する内容に過ぎない。改悪を防ぎ、もっと抜本的な長時間労働の是正を実現しなければならない。

弁護士 高木 太郎

月の位置取り

 

最近、帰り道に、ぼんやりと月をながめながら、ずっと思っているのですが、正確にいうと、子供のころから考えていたなと思い出したのですが、

・・・月の位置、毎日かわりすぎじゃないですか。

いや、週単位とか、数か月単位で、位置が変わっていくのなら、僕も(なんとなく)理解できます。でも、ほぼ同じ時間なのに、数日で全然違う場所に月は現れます。

きっと、月と地球と太陽の位置関係に秘密があるのだとは思いますが、不思議なものです。

検索すれば、すぐに答えがわかるのでしょうが、こういうことはわからないままあえて調べず、考えているほうが楽しいですね。

・・・書きながら思ったのですが、月の大きさも、変わりすぎじゃないですか。

満ち欠けなら(なんとなく)理解できますが、たまにやたらと大きいときがありますよね。不思議なものです。

弁護士 竹内 和正

古希祝い

 

先日、事務所をあげて古希を迎えた梶山弁護士のお祝いをしました。

手作りのウェルカムボード、カラフルな飾り付け、弁護士の写真付きコースター等々で彩られた会場に、一瞬事務局Mさんと見間違えたマリリン・モンロー、事務局Kさんにそっくりなピコ太郎もお祝いに駆けつけ、盛大な会となりました。

次は喜寿ですね。

弁護士 谷川 生子

ハーモニー

 

3人の算数の点数が、70点、80点、87点のとき、3人の平均点は?すべての点数を足して3で割って79点です。では、30㎞の道のりを行きは時速15㎞、帰りは時速10㎞で往復したとき、平均時速は時速何㎞でしょうか。15と10を足して2で割ると12.5だから、平均時速は時速12.5㎞?これは誤りです。行きは2時間かかり、帰りは3時間かかっていますから往復60㎞の道のりを5時間かけて往復していることになるので、60を5で割って、平均時速は時速12㎞となります。

「平均」といっても、いろいろあり、算数の平均点を求める例の計算は、「算術平均(相加平均)」と言うそうです。これとは異なり、「調和平均」というのもあり、平均時速を求める場合は、調和平均の計算をすればよいそうです。

ある複数の数の調和平均を計算するときは、それらの数の逆数(分母と分子をひっくり返した数)の算術平均を計算し、その答えの逆数が調和平均の答えとなります。平均時速の例で二つの時速の数(15と10)の調和平均を求めてみます。まず、15の逆数の1/15と10の逆数の1/10の算術平均は、(1/15+1/10)÷2=5/30÷2となり、1/12です。そして、この1/12の逆数が調和平均なので、分母と分子をひっくり返して、答えは12となり、さきほどの正しい答えと一致します。

調和平均のことを、英語では harmonic mean といいます。調和平均を求めるには、数字をひっくり返して算術平均をとり、さらにそれをひっくり返す必要があります。

これは数学の話。人と人との調和(ハーモニー)をとるときも、ひっくり返して、さらにひっくり返す必要があるでしょうか……、いや、そんな必要はないですよね。

ちなみに、harmonic meanというくらいですから、音階とも関わっていて、「ソ」の弦の長さは「ド」の弦の長さと次の「ド」の弦の長さの調和平均になっているそうです。

弁護士 古城 英俊

 

 

 

クレサラ集会inうえだ

先日、長野県上田市で行われた「第37回全国クレサラ・生活再建問題被害者交流集会inうえだ」に参加してきました。

私が出席した奨学金の分科会では、教育問題を統計学・経済学の立場から研究されてきた矢野眞和教授(東京工業大学名誉教授)から、大学の学費値下げは誰のために、何のために必要かについて財源論まで踏み込んだお話を聞くことができ、大変勉強になりました。

会場となった信州大学のキャンパスは紅葉がとてもきれいでした。

弁護士 鴨田 譲

 

 

 

 

選挙

 

期日前の投票日の最終日、浦和の会場で投票してきました。
この会場の浦和区の投票ブースには順番待ちの人が何人もの人が並んでいました。
時間も終了間際の時間でしたし、政治に興味がない人が増えているとよく言われるので、ガラガラかなと思っていたので、正直驚きました。たまたま多いタイミングに当たっただけかもしれませんが、なんだかうれしい気持ちなりました。

ところが、蓋を開けてみれば投票率は50%台。
有権者の約半分は投票していないことになります。
投票していない残り約半分の人たちが投票したら、選挙の結果を変えるほど大きな影響を与えるのではないかと思います。

「どうせ自分が入れたところで自民党が第一党になることは変わらないから」と思う人がいるかもしれませんが、他の政党の支持が増えれば、自民党はその事実を無視できず、今のように強行的な行動は採れなくなるのではないでしょうか。
「どこの政党にいれたらいいかわからない」とか、「入れたい政党・候補者がない」という理由で投票しない人もいるかもしれませんが、それで投票しなかったとしても日本国民である以上選挙の結果の影響を受けないわけではありません。

「決めれないから」といって、自分以外の人たちが決めた政党・政治家が動かす政治の下で生活をし、社会を変えることができる可能性すら自らなくしてしまうことは本当にもったいないと思います。

「社会を変えたい」、「暮らしを変えたい」と多くの人が思っているはずです。
そのための最もわかりやすい一歩が「投票」なのではないでしょうか。

弁護士 鈴木 満

2歳の手習い

テニスが趣味の旦那さんが、2歳になった娘にラケットを買い与えました。
本人もいっちょ前にその気になって、ラケットを担いで出かけていきました。
でも、まだ一番楽しいのは滑り台だそうで、娘と一緒に海外遠征するという旦那さんの夢は、まだまだ遠いようです。

弁護士 南木 ゆう

 

 

 

名を捨てて実も捨てる

民進・前原代表は言う。安倍政権を倒すために「名を捨てて実を取る」。
しかし、その実相は「名を捨てて実も捨てる」でしかない。

「当選」して「政治家」として生き残るためには、安保法制反対を、共謀罪反対を、そして改憲反対を叫んだこともすっかり忘れたように、恥も外聞も無く目の前にぶら下げられた蜘蛛の糸にすがりつく、惨め、哀れな姿。

そうしてまで生き残りたい政治家らが織りなす「第2自民党」を創り出すための「小池劇場からくり芝居」に目を眩まされてはならない。

弁護士 梶山 敏雄

 

 

図書館戦争

作家有川浩さんの「図書館戦争」の映画版を今更ながらに観ました。

本の検閲を進める「良化隊」と、検閲を阻止するための「図書隊」が武器を使用して、戦うのですが、命をかけてでも本を検閲させないのは、なぜなのか、深く考えさせられます。
憲法21条で検閲が禁止されていますので、今の日本で正面から検閲が行われることはないのかもしれませんが、特定秘密保護法が施行され、共謀罪が新設された今後、私たちの手元に重要な情報がきちんと届けられるのか、注視しなければなりません。

<図書館の自由に関する宣言>には、こう書かれています。

第1 図書館は資料収集の自由を有する。
第2 図書館は資料提供の自由を有する。
第3 図書館は利用者の秘密を守る。
第4 図書館はすべての不当な検閲に反対する。
図書館の自由が侵されるとき、我々は団結して、あくまで自由を守る。

私たちは、社会で起きていることに関心を持ち続け、息苦しくない、自由で民主的な社会を守るために、事実を踏まえて、駄目なものは駄目と声をあげることが大切だと思いました。

それにしても、堂上篤役の岡田准一さんは、ちょっとカッコよすぎましたね。
未だ観ていない方にお勧めします。

 

弁護士 伊須 慎一郎