埼玉総合法律事務所

電話:048-862-0355
コラム-猪股正弁護士

生きる手がかり(弁護士 猪股 正)

弁護士 猪股 正

 息子が、先日、修学旅行に行き、本当に楽しかったそうだ。よかったとホッとしつつ、同じ高校に通って踏み跡を残した申し訳なさや胸の痛みを感じる。修学旅行の思い出は「歯を食いしばれ」の後のビンタと謹慎。ありがちな、未熟さゆえの行動で、迷惑をかけた同級生や先生に今は恥ずかしい思いでいっぱいである。高校時代、バスケットだけは一生懸命で、レギュラーからはずれた挫折感は大きく、修学旅行も、その時期の苦しく切なく恥ずかしい思い出の中にある。

 当時、倫理社会の授業で、山本周五郎の「赤ひげ診療譚」が課題に出た。斜に構え、よく言えば何かに反抗し、押し付けられた課題などは素直に受けたくないひねくれ者だったが、この本に強く心を揺すぶられ、以来、高校、浪人時代を通じ、山本周五郎の長編小説を読みあさり、山本周五郎が自分の心の支えになった。

 当時の文庫本が今も手元にあり開くとあちこちに赤線が引いてある。「貧困と無知に対するたたかいだ」「人間を愚弄し軽蔑するような政治に黙って頭を下げるほど老いぼれでもお人好しでもないんだ」「見た眼に効果のあらわれることより、徒労とみられることを重ねてゆくところに、人間の希望が実るのではないか…氷の中ででも、芽を育てる情熱があってこそ、しんじつ生きがいがあるのではないか。」「人間はいいものだが愚かでばかだ」「…人間は人間なんだ」。

 自分を受け入れられず、どうして生きていけばいいのかわからず、先の見えない時代に、生きる手がかりを教えてくれた人たちに、心から感謝しています。

 

それぞれの持ち場で(2018年新年代表あいさつ 弁護士 猪股 正)

弁護士 猪股 正

 先日、20代の2人の女性にインタビューをしました。「どうやって自分を守っていくかに必死で、段々、生活が追い詰められていく感じ」「周りにいるのは30歳になったら死にたいという人たち。病気や働けなくなることを身近に感じている。将来のことを考えると死にたくなるので考えない」「『オリンピッックが終わった後の就職だから最悪だね』という話が出たり」「お金がないと生きられない時代。いったい何のために生きているのかわからない、夢を持てない社会」

 日本の自殺率は国際比較で6位(女性は3位)と高く、特に、若年層ほど深刻で、15歳から34歳までの死因のトップは自殺です。自己責任、不安定な働き方、学費の高騰と奨学金、支えない社会保障。激しい競争に曝され、格差と貧困が固定化し、生まれで一生が決まっていく理不尽な社会。

 しかし、彼女たちは、こうも言っていました。「私みたいな人はどんどんこの社会に生まれ続けている。見て見ぬふりをするのは考えにくい」「ギリギリのラインで働いている人は声も上げられない」「苦しんでいる人がいることを知っているにもかかわらず動かない。そういう人間にはなりたくない」。ノーベル文学賞を受賞したカズオ・イシグロは、巨大な不平等の増大が許されてしまっており、分断が深刻化し、ナショナリズムや差別が再び台頭し、埋葬された怪物が目を覚ましつつあると社会の危機を警告しつつ、文学という持ち場が持つ力について述べ、私たち自身の小さな持ち場で努力し、最善を尽くす必要があり、私たちを鼓舞し導く若い世代に期待すると述べています。

 今年の日弁連人権擁護大会のテーマの1つは、若者の生きづらさです。文学にも若者にも力があり、法律家には法律家の力があると思います。私たち自身の小さな持ち場で、耳を澄まし、分断の壁が打ち壊されることを信じ、所員一同、努力を続けていく決意です。今年もよろしくお願い申し上げます。

<関連記事・資料>
「若者たちに何が起こっているのか」(中西新太郎著 花伝社)
「高卒女子の12年」(杉田真衣著 大月書店)
OECD自殺率データ
エキタス
「良い作品が分断の壁壊す イシグロ氏ノーベル賞講演」(2017年12月9日東京新聞)
「カズオ・イシグロ氏 単独インタビュー全文」(2017年12月10日NHK)
日弁連人権擁護大会について

国家が事実を消す時代(弁護士 猪股 正)

弁護士 猪股 正

ポーランドの巨匠アンジェイ・ワイダ監督の遺作「残像」が6月から公開されています。
2013年12月6日、特定秘密保護法が強行採決された晩、ワイダ監督の代表作の一つ「カティンの森」がテレビ放映されました。

第2次大戦下、ポーランドは、ドイツとソ連の両方から侵略され分割占領され、ソ連の捕虜となったポーランド人将校1万数千人がカティンで惨殺されました。穴埋めされていた死体は後頭部から銃弾を撃ち込まれていました。
終戦後、ポーランドは、ソ連の支配下におかれ、カティンの森事件について語ることはタブーとされ、信念に基づき真実を語ろうとする者は次々と弾圧されました。
ソ連は、ナチスドイツの仕業だとしていましたが、1990年、グラスノスチ(情報公開)の流れの中で、機密文書の存在も確認され、ソ連は、スターリンの犯罪であることをようやく認めるに至りました。
戦後45年もの間、真実が封印され続けたわけです。

今、日本では、政権は、不都合な事実を隠し、あるものをないと断言し、真実を語ろうとする人には汚名を着せ、良心を持つ人も萎縮し真実を語れない状況が生まれています。
そして、政権は、6月15日、犯罪を計画段階から処罰する「共謀罪」法案を強行採決により成立させ、国民を監視し処罰できる体制を強化しました。

過去の「残像」が次第に現実へと蘇りつつある今、自由と民主主義、平和が破壊されてしまうことのないよう、所員一同、皆様と共に、がんばりたいと思います。

<関連記事>
「ポーランド人監督アンジェイ・ワイダの遺作公開、そして最後の言葉」(文春オンライン)
「火論:適応と無関心」玉木研二(2017年6月27日毎日新聞コラム)
「『あったものをなかったものにできない。』からもらった勇気」キッズドア理事長・渡辺 由美子
「官邸の醜聞リーク疑惑、背筋が凍る思い 民進・山井氏」(2017年5月25日朝日新聞)
「官邸に逆らえば更迭…夏の人事で文科省“前川一派”大粛清」(2017年6月6日日刊ゲンダイDIGITAL)
<週刊新潮、疑惑追及> 「女性記者」の身辺調査を指示した官邸の強権(週刊新潮2017年6月22日号)
「森友交渉時のデータ消去へ 財務省がシステム更新」(2017年6月2日朝日新聞)
「『加計審査で圧力』証言 座長に訴訟リスクあると言われた」(2017年12月8日東京新聞)
「マフィア化する政治」弁護士 梶山敏雄
「(考論 長谷部×杉田)マフィア化する政治」(2017年6月19日朝日新聞)
「共謀罪 平成の治安維持法-1933年、治安維持法により弾圧された当事務所の為成養之助弁護士」


10年後に届けられた絵(弁護士 猪股 正)

弁護士 猪股 正

渡辺さんと初めて会ったのは2006年。芝川の橋の下、鉄骨の橋のまさに裏側にわずかな居住スペースを作って生活していた。
50代のとき勤めていた会社が倒産。その後、働く気もあり体も元気だったが、ついに仕事がなくなりホームレスとなり、好きだった絵も描けなくなった。空き缶・古本集めのわずかな収入やコンビニが廃棄した弁当などで命をつないだ。寒さや空腹で眠れない辛さ、ロウソクの灯りだけの夜の孤独、時折、若者が投げつける石の恐怖に耐える日々が10年以上続いた。

私が出会ったのは渡辺さんが64歳のときだった。
一緒に生活保護の申請に行き、アパートに入居することができた。仕事も見付かり何度も何度も頭を下げてくれた。

あれから10年がたち、渡辺さんから1枚の絵が届いた。
故郷、弘前の絵。茅葺きの家、水車、駒を回す子どもたち、そして岩木山。

この10年、貧困と格差の拡大は止まらず、人間の尊厳を踏みつけるような政治に気持が沈むこともあるが、この細かい筆遣いで根気よく描かれた絵に勇気をもらい感謝している。
小さな一歩から始まる。無数の小さな草の根は社会を変える巨大な根っことなるかもしれない。

自分の生き方を決められない社会の憲法の行方(弁護士 猪股 正)

弁護士 猪股 正

参議院選挙が終わりました。
改憲派が、憲法改正の発議に必要な参議院全体の3分の2の議席をとり、今後、憲法改正に向けた動きが確実に加速していくことになります。

昨年9月19日、安倍政権は憲法に背いて戦争法を成立させました。
選挙期間中、アベノミクスが大きな成果を上げ経済は確実に上向いているなどと喧伝されましたが、実際には、世帯所得は落ち込みを続け、中間層は減少し、貧困率は過去最悪です。
憲法に従わず、貧困と格差を拡大させている政権が、この国ではどうして存続するのだろうかと考えます。

国際調査によると、「自分の生き方を自分で決められていますか?」という質問に、「はい」と答える割合が、日本人は60か国中59番目でビリから2番目だそうです。
慶応義塾大学経済学部教授の井手英策さんは、著書「18歳からの格差論」の中で、こう言います。
「僕はこう思うんです。自分が自分の生き方を決められてはじめて、ほかの誰かが自由を持てないことへの怒りもこみあげてくるのではないか、と。」。
非正規雇用が4割、共働きでも世帯所得は減り、貯蓄もない世帯が増え、安心して子育てもできず、生きるのが精一杯。自分の生き方なんて決められない。
確かに、こんな社会に生きていれば、人の自由や平等どころではない、憲法を変えられることへの怒りも出てこないかもしれません。

自分の生き方を自分で決められない社会、そんな理不尽な社会を子どもたちに遺せません。
誰もが自分の生き方を自分で決められる、公正な社会を実現するために、あきらめず、力を合わせましょう。
そして、自由と民主主義、平和を守りましょう。

見えない川をたどる

ここ埼玉総合法律事務所から、遊歩道を南へ5分ほど歩くと、さいたま市立岸町小学校がある。母校である。地域の地理や歴史を学ぶ授業で、遊歩道と校庭の真下を川が流れていることを教えてもらった。その後、学校の真下を流れる見えない川の不思議な姿は記憶の奥底に沈殿していた。

いつの間にか時が経った。「ハァッロー ハロー お元気?今夜 なにしてるの?TVなんか 見てないで どこかへ 一緒に行こう」と井上陽水がテーマソングを歌うNHKのブラタモリのファンになった。何気ない光景の向こうに自然の営みや歴史が隠れている。暗渠(あんきょ)や段差や縁(へり)から見えないものが見えてくる。暗渠(あんきょ)とは、地下や蓋の下の暗いところを流れている見えない水路のことである。地図とコンパスを持ち、小さな谷の分岐を探す沢登りのわくわく感ともどこか似ている。

JR埼京線の武蔵浦和駅の東側を笹目川が流れている。以前に比べると、随分と浄化され、今は、アオサギなどを見かけるようになった。川の流れは南下し戸田の戸田漕艇場付近で荒川に合流する。逆に、北上して遡ると、国道17号と交わる地点で、川の流れが姿を消す。
IMGP0462
川の上流方向には遊歩道がある。長年、ただ通り過ぎるだけの場所だったが、ある日、暗渠だと気付いた。そして、小学生のころの遠い記憶が蘇った。見えない川の痕跡を探す。この遊歩道は白幡緑道と名付けられ、北へたどると、「中央排水路」と刻まれた古いコンクリートがひっそりと草に埋もれていた。
IMGP0468
IMGP0474

 

 

 

 

 

 

 

 

 

遊歩道は、右手の白幡沼を過ぎ、岸町小学校に突き当たる。

IMGP0482
校門の左右に急な坂があり、小学校がV字の谷の底にあり、そこに川があることを物語っている。小学校の校庭を抜けると、遊歩道は岸町緑道と名前を変える。
IMGP0485
岸町緑道は、浦和駅周辺の耕地整理に伴って完成した岸町西大排水路が暗渠化されたものらしい。岸町緑道が終わると、車道の右に蓋暗渠が続く。左には、さいたま拘置支所の崖があり、古そうな石垣が残っている。

以前は浦和監獄(刑務所)があり(地図は明治15年頃。「歴史的農業環境閲覧システム」より)、秩父事件で蜂起した農民も収監されていたらしい。
歴史的農業環境閲覧システム・浦和
そして、埼玉総合法律事務所前の坂下通りに合流する。坂下通りをさらに北へたどると、常盤公園(将軍家の浦和御殿跡)や井戸があり、川が続いているのかもしれない。

魅惑されたのは私だけではない。ひと月前、北浦和駅東口、浦和高校の西を流れていたはずの天王川が姿を消していたことに気付いた。そして、この連休、息子と2人、時を忘れて天王川を探し暗渠を巡った。(報告は、またの機会にします。)

弁護士 猪 股  正

2016年新年号代表あいさつ(弁護士 猪股 正)

弁護士 猪股 正

昨年は、戦後70年の平和国家の歩みを大きく変える戦争法が、憲法に背いて、多くの国民の声をも無視して、強行採決されました。

ときに国家権力は濫用され、人々の権利が蹂躙されてきたことは、戦前のユダヤ人大虐殺、治安維持法下の弾圧などの歴史が証明してきた事実です。国家権力を縛り、権力の濫用を阻止し、人々の権利や自由を守るために制定されたのが憲法です(法の支配)。
ところが、安倍内閣は、平然と憲法に背いて、戦争法を成立させ、国会も、三権分立制のもとで内閣による権力の濫用を阻止する役割を担っているのに、安倍内閣と一体となって戦争法を成立させました。
最高法規である憲法に従わない内閣や国会の存続をこのまま容認することは、憲法による法の支配を否定し、例えばナチスドイツのような、恣意的な人の支配を認めることにつながります。

「この憲法が日本国民に保障する基本的人権は、人類の多年にわたる自由獲得の努力の成果であって、これらの権利は、過去幾多の試錬に堪へ、現在及び将来の国民に対し、侵すことのできない永久の権利として信託されたものである。」。
自民党の憲法改正草案では削除されている憲法97条です。今まさに、自由を獲得することの意味が、私たちひとり一人に問われていると思います。

戦後最大の試練の年ともいえる今年、自由と民主主義、そして平和を守るため、所員一同、皆様と共に、奮闘する決意です。今年もよろしくお願い申し上げます。

赤松岳先生に感謝(弁護士 猪股 正)

弁護士 猪股 正

埼玉医療問題弁護団の初代団長・赤松岳先生の記念講演の写真です。
赤松先生は、エホバの証人無断輸血事件など数々の医療訴訟を担当され、患者の権利擁護に長年力を尽くしてこられました。

歯科治療でガス壊疽菌に感染して、大学病院へ転院後、頬部の腫脹が拡大して気道閉塞となり、低酸素脳症に陥り亡くなられた方の事件を、弁護士になりたてのころ、赤松先生と一緒に担当させていただきました。
医師に対する尋問の方法等々、様々なことを学ばせていただき、私が、今も、医療事件に関わることができているのは赤松先生のお陰であり、一緒に事件を担当させていただいた幸運に、心から感謝しています。

 

雪の降る福島で(弁護士 猪股 正)

弁護士 猪股 正

2014年11月14日、飯舘村の村民2837人が、東京電力を相手方として、原子力損害賠償紛争解決センター(原発ADR)に集団申立てをした。
私も、弁護団に参加し、第2次集団申立て準備のため、12月6日、福島へ行き、飯舘村から避難中の3世帯の方から事情をうかがった。
この冬一番の寒波が到来し、福島でも午後から雪が降り始めた。

飯舘村は、福島第1原発から北西39キロに位置する。
2011年3月11日の大震災後、同月15日、福島第1原発2号機の格納容器が破損し大量の放射性物質が放出され、風により北北西へ運ばれた。同日夕方からの雨は翌日に雪に変わった。この雨と雪で、放射性物質が地表へ沈着し、飯舘村に高い汚染をもたらした。
しかし、当時、汚染情報は、村民に知らされなかった。

「炊き出しに参加して、外で、大きな鍋で牛乳を沸かして、みんなで飲んだの」
「雪が降った後、子どもたちは、雪で遊んでた。何にもわからなかったから」。
数分の沈黙が続いた。
悔しさで、お互い涙で声が詰まった。

こんなことは許されない。
償い、二度とこんなことが起きないようにすることが、生きている者のつとめのはずだ。

雇用破壊の強行(弁護士 猪股 正)

弁護士 猪股 正
 
12月13日、日弁連主催で「労働法制の規制緩和と貧困問題を考える市民大集会」が開催された。
寒空の中、日比谷野外音楽堂に2000人を超える市民が集まった。
連合、全労連、全労協などの労働組合が、労働運動の潮流を越えて幅広く結集するというかつてない集会となった。

政府は、成長戦略の名の下に、大がかりな規制緩和を進めようとしており、労働法制はかつてないほどの重大な危機を迎えている。
金さえ払えば自由に解雇ができる解雇の金銭解決制度、解雇をしやすくするための限定正社員制度、労働時間と休日の規制をはずし使用者は残業させ放題で割増賃金も払わなくてよいというホワイトカラー・エグゼンプション、派遣を臨時的・一時的業務に限定するという原則を大転換し、あらゆる業務において派遣を永続的に使用できる方向での派遣法の大改悪。
このような規制緩和が強行されれば、派遣を始めとする非正規雇用が一層増加して正社員は減少する。
不安定・低賃金労働がさらに拡大し、貧困と格差が一層深刻化することは明らかだ。

今回の集会の司会として日比谷野音の壇上に立ち、登壇者の発言を聞きながら、そびえ立つ官庁を見上げ、5年前の記憶が駆け巡った。
日比谷の年越し派遣村、仕事と住まいを失ったたくさんの人たち、公園の中に張られたテント、相談のテントに泊まりこんだ日々、開放された厚生労働省の講堂に入っていく人たち、視察に来て「派遣法抜本改正」を口々に訴えた政治家たち。

「成長」とは誰のためのものか。
私たちは学んだはずだ。
市民の力で、政治の横暴、強行を食い止めたい。