コラムコラム-佐渡島啓弁護士総合ニュース

事務所ニュース 2020年夏号 巻頭挨拶(弁護士 佐渡島 啓)

今年初めには全く想定できなかった事態で大きな混乱が続いていますが、皆さん、お元気でいらっしゃいますでしょうか。
臨時休校、緊急事態宣言、外出自粛、休業要請と、今年の上半期は新型コロナウィルスの脅威に振り回されました。緊急事態宣言中、裁判所はほとんどの事件で裁判期日を取消して延期としたため、ご依頼をいただいている事件の進行が遅れております。また、当事務所も一時期は職員の在宅勤務を実施し、営業時間も短縮しておりました。皆さんには大変ご迷惑をおかけいたしました。
このような中でも、医療関係者をはじめ、社会インフラを維持するために感染リスクを押して活動を続けて来られている方々には深く敬意を表します。
この原稿を書いている時点では、幸いにして第2波という事態は生じていませんが、安心して日常を送れる生活に戻るにはまだまだ時間がかかることでしょう。コロナ離婚、コロナ倒産、コロナ離職、コロナ退学…。ご不安なこと、お困りのことがあれば、何なりとご相談ください。私たち法律家だけでは解決できない問題も多々ありますが、当事務所のネットワークを活かして他分野の専門家とも協力し、皆さんのお力になりたいと思います。

代表 弁護士 佐渡島 啓

 

(事務所ニュース・2020夏号掲載)

 

このページを印刷