埼玉総合法律事務所

電話:048-862-0355
7/29 (日)希望と連帯の社会をめざして~格差社会を乗り越える財政とは~

7/29 (日)希望と連帯の社会をめざして~格差社会を乗り越える財政とは~

公正な税制を求める市民連絡会設立3周年記念集会のお知らせです。
立命館大学の松尾匡さんの講演「財源はある、必要なのは政治的意志だ」、埼玉大学の高端正幸さんの講演「税とは何か? 『分かち合い』を実現するための財政社会学」のほか、竹信三恵子さん(ジャーナリスト)、宇都宮健児さんらが参加するパネルディスカッションが予定されています。
貧困と格差の拡大、社会の分断に歯止めをかけ、互いに支えあい、尊厳ある生き方ができる社会にするにはどうすればよいのか、税や財政をどうしていけばいいのか、一緒に考えましょう。

希望と連帯の社会をめざして~格差社会を乗り越える財政とは~

◆日時 2018年7月29日(日)14:00~17:30(13:30開場)
◆場所 主婦会館プラザエフ 8階スイセン
〒102-0085  東京都千代田区六番町15
*JR四ツ谷駅麹町口(歩1分)・地下鉄南北線/丸の内線四ツ谷駅(歩3分)
*地図は → こちら

◆プログラム
14:00~ 総会
14:15~17:30 設立記念集会
14:15~ シンポジウム
当事者報告
基調講演1  松尾 匡さん「財源はある、必要なのは政治的意志だ」
基調講演2  高端正幸さん「税とは何か? 『分かち合い』を実現するための財政社会学」
休憩          10分
15:45~ パネルディスカッション
松尾 匡さん   立命館大学教授
高端正幸さん 埼玉大学准教授
竹信三恵子さん  和光大学教授、ジャーナリスト
宇都宮健児  弁護士 公正な税制を求める市民連絡会 共同代表
猪股 正   弁護士 公正な税制を求める市民連絡会 事務局長

講師 松尾匡さん
立命館大学教授、1964年生まれ。専門は理論経済学、久留米大学教授を経て現職。著書に『この経済政策が民主主義を救う』(大月書店)、『自由のジレンマを解く―グローバル時代に守るべき価値とは何か』(PHP新書) など

講師 高端正幸さん
埼玉大学准教授、1974年生まれ。専門は財政学、 新潟県立大学准教授等を経て現職。      著書に『地域切捨て-生きていけない現実』(共編著、岩波書店)、『福祉財政』(共編著、ミネルヴァ書房)など

◆資料代:1000円(*お支払いが難しい方は入場時にお声をおかけください。無料で資料をお渡しします。)

事前申込み不要

主 催 公正な税制を求める市民連絡会
連絡先 さいたま市浦和区岸町7-12-1東和ビル4階 埼玉総合法律事務所 弁護士 猪股正
電話:048-862-0355 FAX:048-866-0425

チラシのダウンロードは → こちら

印刷する

« »