「法テラス職員の皆さんへ」(弁護士 牧野 丘)

10月末で法テラス埼玉の所長を退任しました。ちょうど3年間、本当にお世話になりました。最終出勤日の日には、大きな花束をはじめ抱えきれないほどたくさんの贈り物をいただきました。とても嬉しかったです。花束は紫を基調としたゴージャスなものでしたが、それって私のイメージか何かなのでしょうか。

皆さんの日々のお仕事は、いつでも人手不足の過重労働で、しかもしょっちゅう弁護士からも利用者さんからも強い言葉で叱り飛ばされて・・・。でも法テラスの仕事は、法律家と市民との間に立ち、困っている市民の人が法律家のサポートを得やすくする、いわばこの世界の流通業のような仕事です。間違いなく皆さんの日々の仕事が困って途方に暮れている市民の皆さんの役に立っています。皆さんのお仕事のその先には人々の笑顔が待っています。そういう仕事であることに自信を持ち、さらにはもっと法テラスの仕事をそれにふさわしいものに高めていってください。私も在任中は、皆さんにやりがいを再確認してていただけることを目標のひとつにしていましたが、まだまだ実力不足でしたね。でもそう思って本部としばしば掛け合ったことはよい思い出に残っています。

設立されてからまだ15年。生きがいを感じられる職場になることをお祈りしています。

弁護士 牧野丘

 

このページを印刷

シェアをお願いいたします。
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる