今週の埼玉総合総合ニュース

「挨拶は短く」弁護士高木太郎

4月から埼玉弁護士会の会長を務めています。
人前で話すのは苦手です。
トラウマは、小学校の児童会会長選挙の立候補演説でした。原稿が完成しないまま、演壇に登り、絶句して真っ赤になりました。
中学、高校は演劇部でした。セリフは脚本に書いてありますが、記憶力が悪いのと、緊張してセリフが飛ぶ恐怖を常に感じていました。
講演では、話につまらないように、できるだけ原稿を準備します。しかし、目が悪くなり、小さい文字や薄い文字が読めなくなりました。
人前でしゃべるのはとにかく苦手です。
挨拶がとっても短くても、どうか、許してください。

弁護士 高木 太郎

 

このページを印刷