お知らせ総合ニュース

12/18日台オンライン交流会(参加資格あり)

 クレサラ対協では、2010年から日本・韓国・台湾の3か国が持ち回りで毎年「東アジア金融被害者交流集会」を開催してきました。今年は、台湾で交流集会が開催される予定でしたが、新型コロナウイルスの感染拡大の影響で、延期となりました。
 そこで、今年は、「コロナ後の社会状況、社会保障と税制、財源など」をテーマに、開催国であった台湾と、初めてZOOMによるオンライン交流会を開催します。  
 日本では、現在コロナの第3波が襲来し、さらなる経済の悪化や貧困問題の深刻化が懸念されていますが、台湾は、感染拡大を封じ込め、経済への影響もほとんどありません。
 そこで、コロナ後の社会の状況について台湾と日本の報告を行い、その後、台湾の生活困窮者対策やコロナ対策について学びます。
 今回、初めてオンラインでの国際交流にチャレンジします。直接会って、会議や意見交換をすることはできませんが、より気軽に交流できるようになり、相互理解を深めることができればと思います。
多くの皆様のご参加をお待ちしております。

【開催概要】
1 テーマ  コロナ後の社会状況、社会保障と税制、財源など

2 日時 2020年12月18日(金)15時00分~17時00分頃(延長の可能性あり)
(台湾時間 14時00分~16時00分頃) 

3 開催方法  オンラインにて開催(ZOOM) ※会議は逐次通訳で行います。
           
4 参加資格  クレサラ対協・公正な税制を求める市民連絡会・一般社団法人つながる社会保障サポートセンター・クレサラ対協旧国際交流部会・被連協の各会員

5 参加費  無料

6 プログラム
  15:00~15:10 進行説明 柘植直也 弁護士(総合司会)
           開会挨拶 木村達也 弁護士
  15:10~16:10 日台報告 「コロナ後の社会状況、社会保障と税制、財源など」
         (各30分)※通訳時間含む
         日本 猪股正 弁護士(埼玉弁護士会)
         台湾 呉宗昇 准教授(輔仁大学社会学部・大学院)          
  16:10~16:55 質疑応答(事前質問のみ)
  16:55~17:00 閉会挨拶 台湾 林永頌 弁護士

7 主催
  主催 東アジア生活再建市民会議準備会
    (旧全国クレサラ・生活再建問題対策協議会 国際交流部会)
 共催 台湾法律扶助基金会(台湾)・カード債務被害者自救会(台湾)
     公正な税制を求める市民連絡会・一般社団法人つながる社会保障サポートセンター
   
8 参加方法
  当日は、下記のURLよりログインしてください。
  資料ダウンロード用のURLは、別途メールでご案内させていただきます。
  URL:https://us02web.zoom.us/j/84360907302?pwd=UzZwWmpFWkZkL08zWW5YRm9leW5aQT09

ご案内及び注意事項を再掲します。
● 日時 2020年12月18日(金)15時00分~17時00分頃(延長の可能性あり)
(台湾時間 14時00分~16時00分頃) 

● 参加資格 クレサラ対協・公正な税制を求める市民連絡会・一般社団法人つなが
 る社会保障サポートセンター・クレサラ対協旧国際交流部会・被連協の各会員

交流会参加者注意事項
●交流会の終了時刻が(1時間くらい)延長になる可能性があります。
 お時間のない方は、途中で適宜退出してください。

このページを印刷