今週の埼玉総合総合ニュース

川口美貴著 労働法 第4版

労働法

川口美貴先生の「労働法(第4版)」が信山社から刊行された。
3版の刊行が2019年3月であるから1年ほどでの4版出版であるが、この間の、ハラスメント関連法改正、パート・有期法、改正派遣法、改正民法等の動向に対応して出版されたもので、最新のものとして安心して使えるのはありがたい。

ちなみに、川口先生のパートナーは労働弁護団の重鎮・古川景一弁護士であり、勝手に推測するに、この本には二人分の英知が満載である。
特長の一つに2頁の大目次に続き、28頁の細目次がおかれていることがある。
自分の課題を検索する内に頭の整理が付くことにもなるだろう。
1160頁に及ぶが価格も5000円に抑えられているので、事務所に1冊は置きたい書籍である。

弁護士 髙木 太郎

 

 

 

このページを印刷