今週の埼玉総合総合ニュース

弁護士に相談した方が良いですよ

家庭裁判所で調停委員をしている。担当する事件は遺産分割ばかりである。
弁護士をつけずに調停をされる方も少なくない。
弁護士をつけた方が良いのになと思う典型的な場面が2つある。

一つは、必要な権利主張が十分できていないときだ。
そのままだとその当事者は損をすることになるが、調停委員が当事者の片方に肩入れすべきではない。
そんなときは、弁護士に相談した方が良いですよ、と言う。

もう一つは無理な主張をしているときだ。
そんなのダメです、とはっきり言うと角が立って、以後調停が円滑に進まなくなる恐れがある。
そんなときも、弁護士に相談した方が良いですよ、という。これはその当事者のためにもなる。
無理な主張にいつまでも固執していると、無駄に紛争が長引いてしまう。

皆さん、調停委員に「弁護士に相談した方がいいですよ」と言われたら、素直に応じて下さいね。

 

弁護士 髙木 太郎

このページを印刷