天災には勝てない

by staff | 2019年10月16日 10:50 AM

 
先日の台風19号はすごかったですね。
脅威的な雨の降り方でした。
この原稿を書いている段階ではまだ被害の全容はわかりませんが皆様のところは大丈夫だったでしょうか。
長年住んでいるさいたま市には西の端に1級河川の荒川が流れていますが、その荒川が決壊寸前まで行ったというのは記憶にありません。正に荒ぶる川に変貌しました。

今回の甚大な台風被害を目の当たりにして、これまでの防災対策を根本から考え直さなければいけないのでしょうね。
 

事務局 小林

 
 

Source URL: https://saitamasogo.jp/archives/86307


11/2 シンポジウム「反貧困の地方財政-自己責任社会を地域から転換しよう!」

by staff | 2019年10月13日 4:34 PM

シンポジウムのお知らせです。

【テーマ】反貧困の地方財政-自己責任社会を地域から転換しよう!
【日 時】2019年11月2日(土)14:00-16:00
【場 所】埼玉県民活動総合センター2F・210
 埼玉新都市交通ニューシャトルで大宮駅から内宿駅まで約25分。内宿駅から無料送迎バスで約5分、または、徒歩約15分。詳しくは→ こちら
【参加費】参加無料・事前申込不要

【内 容】
 社会保障の充実のためには、住民に身近なところでサービスを提供する地方自治体の役割がとても重要です。ところが、自治体の財政基盤は弱く、人口減少等により地方自治の危機が進行しています。自己責任社会を転換し、貧困と格差の拡大に歯止めをかけ、互いに支え合う社会を、地域レベルから構築する方法を考えます。ぜひ御参加ください。
▶講演
 「地域から日本を変える!―自治体と住民にできること―」
  高端 正幸 氏(埼玉大学大学院人文社会科学研究科准教授)
▶パネルディスカッション
  (パネリスト)
    藤田 孝典 氏(ほっとプラス代表理事)
    大塚 信一 氏(滑川町総務政策課課長)
    櫻井 卓 氏(北本市議会議員・元県税事務所納税担当部長)
    高端 正幸 氏(埼玉大学大学院人文社会科学研究科准教授)
  (コーディネーター)
    猪股 正 氏(弁護士・公正な税制を求める市民連絡会事務局長)

【主 催】全国クレサラ・生活再建問題対策協議会
【後 援】公正な税制を求める市民連絡会/反貧困ネットワーク埼玉
【当日のその他の企画】
 本シンポジウムは、2019年11月2日(土)11:00~18:00開催の「ふれあい交流!知る!食へる!遊ぶ!」(場所:埼玉県県民活動総合センター(けんかつ))の分科会てす。ほかに、何でも相談会、外国人問題や奨学金問題の分科会、貧困問題等に関する展示会、物産展、ステージイベント(伊奈学園総合高等学校音楽部による演奏会など)など。詳しくは→ こちら
◆ 全国クレサラ・生活再建問題対策協議会は、多重債務被害の撲滅、高金利の是正などに長年取り組んできた団体です。
◆ クラウドファンディングにご協力ください。宇都宮健児弁護士と語らいましょう。詳細は→ こちら
◆ 本シンポジウムのチラシ

Source URL: https://saitamasogo.jp/archives/86280


10/21(月)新人弁護士採用 事務所説明会のお知らせ

by staff | 2019年10月8日 4:06 PM

新人弁護士採用説明会について

令和元年10月21日(月)午後6時より、埼玉総合法律事務所内において、事務所説明会を開催いたします。
参加をご希望される方は、「メールでのお問い合わせ」フォームにご連絡をお願いいたします。
また、参加される方は、履歴書、司法試験と法科大学院の成績表(予備試験合格者の方の場合、予備試験と大学の成績)を事前に郵送でお送りいただければ、拝見いたします。

Source URL: https://saitamasogo.jp/archives/86271


3日間で50キロ歩く

by staff | 2019年10月8日 10:30 AM

9月に京都と奈良に行き、3日間で50キロほど歩きました。
9月なのに異常な暑さのなか、よく50キロも歩いたと、自分のことながら感心しました。
とにかく暑かったです。

弁護士 伊須 慎一郎

 

Source URL: https://saitamasogo.jp/archives/86264


中小企業法律支援センター

by staff | 2019年10月7日 4:08 PM

今年6月から、日弁連(日本弁護士連合会)
中小企業法律支援センターの委員を務めています。

私自身、いくつかの中小企業や事業主の方の
顧問弁護士として活動しておりますが、
まだまだ日常的に弁護士と関わって事業運営を
おこなっている中小企業や事業主の方は少ないと言われています。
飛び込みで埼玉総合法律事務所に
ご相談にみえる社長さんが多いことからも、これは実感しています。

中小企業法律支援センターの一員として、
中小企業や事業主の方が弁護士と関係をもてる機会が増え、
ひいては無用な紛争が起きないように、
あるいは、事業承継や経営者保証に関するガイドラインが適切に活用されるように、
力を尽くしたいと思います。

 

弁護士 佐渡島 啓

Source URL: https://saitamasogo.jp/archives/86260


11/2「ふれあい交流!知る!食べる!遊ぶ!」奨学金分科会にて~『奨学金借りるとき返すときのポイント』を、わかりやすくお話いたします。

by staff | 2019年10月2日 3:54 PM

11/2「ふれあい交流!知る!食べる!遊ぶ!」奨学金分科会
奨学金について知りたい 生徒・保護者・先生のみなさまへ

奨学金借りるとき返すときのポイント

大学・専門学校に進学予定で、奨学金を借りる予定の方、借りるかどうか検討中の方、奨学金のことについてちゃんと分かっていますか?
「借りられるだけ借りちゃおう!」、「叔父さん、叔母さん、保証人お願い!」、そんな決め方で大丈夫でしょうか?
「進学前から卒業後の返済の話なんて無理!」・・・
いやいや、事前に知っておけは未然に防けるトラブルはいくつもあります。
日本学生支援機構の奨学金について、大学講師や弁護士らが寸劇、レクチャー、個別相談でみなさまの疑問にお答えします!

◆日時 11月2日(土)

◆時間 第1回 14:00~15:00、第2回 15:00~16:00

◆場所 埼玉県県民活動総合センター(けんかつ)セミナーホール1 交通のご案内はこちら

◆内容
法廷ドラマ(寸劇)「奨学金、放っておいたらこうなった!」

レクチャー「奨学金借りるとき返すときのポイント」

奨学金個別相談 14:00~16:00まで随時受付。

参加費無料、事前予約不要

※第1回と第2回は同じ内容ですのでどちらに参加されても結構です。

※途中入場・途中退出もできます。

※個別相談では法律家(弁護士・司法書士)が対応します。

◆主催  埼玉奨学金問題ネットワーク

◆問合せ 埼玉奨学金問題ネットワーク 事務局長 弁護士 鴨田譲
〒330-0064 さいたま市浦和区岸町7-12-1 東和ビル4階 埼玉総合法律事務所内
TEL 048-862-0342
FAX 048-866-0425

◆本イベントは、2019年11月2日(土)11:00~18:00開催の「ふれあい交流!知る!食へる!遊ぶ!」
(場所:埼玉県県民活動総合センター(けんかつ))の分科会てす。
本イベントのほかにも、何ても相談会、自治体・民間団体による展示会、物産展、ステージイベント(伊奈学園総合高等学校音楽部による演奏会など)などを行います。

◆PDFはこちらから
 

 

Source URL: https://saitamasogo.jp/archives/86234


夏が終わる。

by staff | 2019年9月26日 3:06 PM

 
まだまだ暑いですが、夏が終わってしまいました。

気が早いですが、次の休みが待ち遠しいです。
海にも行きたいし、絶景も見たいし、おいしいものも食べたいし。
想像は膨らむばかりです。

来年はエアコンが故障しないことを祈ります
 
弁護士 德永 美之理
 

Source URL: https://saitamasogo.jp/archives/86239


水風呂デビュー

by staff | 2019年9月25日 3:56 PM

 
この夏は、本当に暑かったですね。
ここ数年は、毎年のように最高気温が更新されているのでは?
と思うほどです。
それと、今年は湿度も猛烈に高かったのが、暑さを厳しくしていた一因のような気がします。
 
それで、今年、水風呂デビューしました。
もともとサウナなどが苦手なため、水風呂に入ろうという気が全くなかったのですが、あまりの暑さにチャレンジしたところ、あがったあとのなんともいえない涼しさが、やみつきになってしまいました。
さて、最近、だいぶ涼しくなってきましたが、果たして、いつまで水風呂に入り続けられるか、お試しです。

 

事務局 M・T

  

Source URL: https://saitamasogo.jp/archives/86226


9/25「人口が増え続ける滑川町の子育て支援と社会保障支援の取組に学ぶ」第14回公正な税制を求める市民連絡会学習会

by staff | 2019年9月20日 4:17 PM

埼玉県内のほぼ中央に位置する滑川町。
この町は充実した子育て支援策により、合計特殊出生率(1人の女性が産む子どもの平均数)が県内でトップクラスとなり、人口も年々増え続けています。
滑川町では 主な支援策としてはこども医療費の無料化、給食費の無償化などを行っています。

町の財政規模は年約60億円にもかかわらず、8年前に導入した給食費無償化のために約1億円(1.6%)の予算を投入し、無償化は、給食費の徴収を免除するという方式でおこない、無償化にあたっては、保護者の町債務の滞納状況も勘案せず、滑川町に住むすべての子どもに分け隔てなく、給食費の無償化、その他、結婚に関することから出産・子育てにいたるまでのサポート体制を整えています。

給食費無償化事業の必要性と有効性、そして自治体の財政のあり方について、滑川町の現場の第一線でご活躍されている総務政策課課長の大塚信一さんを講師に招き、データに基づき、地方自治体の税の使途についてお話いただきます。
是非、ご参加ください。

 

日時
2019年9月25日(水)18:30~(開場18:00)

◆場所
主婦連合会会議室(主婦会館プラザエフ3階)
〒102-0085 千代田区六番町15番地
TEL 03-3265-8119
●JR四ツ谷駅 麹町口前(歩1分)
●地下鉄南北線 / 丸の内線 四ツ谷駅(歩3分)

◆講師
大塚 信一さん

◆講師プロフィール
滑川町総務政策課課長

◆資料代
500円(経済的に困難な方は無料

◆事前申込不要

主催
公正な税制を求める市民連絡会

事務局連絡先
弁護士 猪股正
さいたま市浦和区岸町7-12-1東和ビル4階
埼玉総合法律事務所
TEL:048-862-0355
FAX:048-866-0425

チラシはこちら

Source URL: https://saitamasogo.jp/archives/86221


そして誰もいなくなった

by staff | 2019年9月19日 10:22 AM

 

鳴き声の主役は、セミから秋の虫へと交代。
小2のころ、コオロギを5匹飼っていた。
毎夜、虫かごのコオロギは何かを訴えるように鳴き出した。
うるさい。眠れない。
少し鳴き声は小さくなった。次の日、また次の日、ますます小さくなった。
数日後、虫かごにはコオロギが3匹、2匹,最後の1匹
死んでいた。仲間を食べ尽くして・・・
そして誰もいなくなった。

水槽でドジョウ2匹を飼っていた。ガラスの蓋を閉めて、机に置き、ただ眺めていた。
何が楽しかったのか。
あるとき、ドジョウの姿が見えなくなった。
2ヶ月後、黒褐色の平べったいものが、机の下から出てきた。
私がかわいがっていたドジョウ。
どうやって地上へ脱出したものか。
水槽の蓋は微動だにしていなかったのに。
そして誰もいなくなった。

事務局 N

 

 

Source URL: https://saitamasogo.jp/archives/86217