コロナ災害「コロナなんでも」電話相談ダイヤル・平日16時~18時・埼玉総合法律事務所の弁護士が対応・048-862-0360・相談無料

by staff | 2020年6月30日 7:07 AM

新型コロナウイルス感染拡大による仕事の喪失、売上の減少等により、派遣、パート、正社員、フリーランス、個人事業者、中小企業等、困難な状況に陥る人が急増しています。 4月18日~19日に全国一斉で行われた「コロナ災害を乗り越える いのちとくらしを守る なんでも電話相談会」(同実行委員会主催)では、2日間で全国5000人以上の方からの相談に対応できましたが、電話の呼出は全国で42万件以上あり、電話が殺到し、対応できたのはごく一部という状況でした。

報道によれば、県内全体の4月の生活保護申請件数は前年同月比21・9%増の1006件、生活支援策である住居確保給付金の5月の申請件数は1126件で、前月(232件)の約5倍という状況です(2020年6月21日付け朝日新聞記事「県内でも生活困窮広がる 生活保護申請2割増」

当事務所では、基本的人権を擁護し、社会正義を実現するという弁護士の使命を果たす自覚のもと、微力ながら、緊急に電話相談ダイヤルを設置しています。 当面、平日2時間体制で実施いたします。 お気軽にご相談ください。
【日  時】 月曜日~金曜日 毎日16時~18時
【電話番号】 048-862-0360
【相 談 例】
・コロナ感染拡大による営業不振を理由に雇い止めされた
・フリーランス、個人事業者で、コロナで売上が急減した
・コロナで、収入が減り、「生活費が尽きそうだ。」「家賃を滞納している。」「住宅ローンが払えない。」「貯えがゼロ」…
・コロナで会社が休業し、無収入状態
・コロナで休業し、従業員に休業手当を支払ってきたが、もう限界
・職場環境が悪く、コロナに感染するのが怖いが、収入が途絶えるので、休めない。
・コロナで生活に困窮。生活費や家賃を援助してくれる制度について教えてほしい。
・事業の「持続化給付金」について教えてほしい。
・ネットカフェを追い出されて住居がない。
・その他、「コロナ災害」でお困りのことに、当事務所弁護士が、無料で、ご相談をお受けします。
【主  催】 埼玉総合法律事務所

Source URL: https://saitamasogo.jp/archives/86639


インボイス制度の拙速な導入に反対する声明(公正な税制を求める市民連絡会)

by staff | 2022年8月9日 9:05 AM

公正な税制を求める市民連絡会(共同代表:宇都宮健児、事務局長:猪股 正)は、2022年8月8日、「インボイス制度の拙速な導入に反対する声明」を公表しました。内容は、以下のとおりです。

インボイス制度の拙速な導入に反対する声明

2023年10月から、消費税の適正な納税のためとして、インボイス制度の導入が予定されている。
インボイス制度とは、消費税の仕入税額控除(事業者が消費税の納付税額を算出する際、売上の消費税から仕入や経費の支払等のために支払った消費税を差し引くこと)にあたって適格請求書(インボイス)の保存が必要とされる仕組である。そしてこの適格請求書を発行するためには、適格請求書発行事業者の登録をしなければならないが、この登録ができるのは消費税の課税事業者に限られている。

そのため、消費税の免税事業者(前々年度の課税売上高が1000万円以下の事業者が対象)が、事実上、取引から排除されるなどの不利益を被る可能性がある。
例えば、イラストの仕事をフリーランスに発注する出版社が、仕入税額控除を受けるためには、適格請求書の保存が必要となることから、フリーランスに対し、適格請求書発行事業者になることを発注の条件とするなどの例が考えられ、すでに、このような事態が実際に生じている。条件を提示されたフリーランスとしては、仕事を得るために適格請求書発行事業者となれば、免税とならずに生活が圧迫され、かつ、納税のための重い事務負担をも負うこととなり、逆に、免税事業者であり続ける選択をすれば仕事の発注を受けられないこととなり、苦渋の選択を迫られることになる。
 その影響は、建設業の一人親方、独立系SE、フリーライター、個人タクシーの運転手、フードデリバリーの配達員、シルバー人材センターの会員等々、幅広い職業に及び、その中には低所得でやりくりをしてきた者も多い。コロナ禍の到来により、フリーランスや個人事業者が大打撃を受けるとともに、物価高騰が生活を圧迫している中で、インボイス制度の導入が、追い打ちをかけ、さらなる生活困窮へと追い詰められる者が増大する可能性がある。

 加えて、インボイス制度の仕組は複雑であり、理解が追いついていない事業者も多く、2022年5月末日現在、適格請求書発行事業者の登録は約51万件にとどまっており、コロナ禍でフリーランス人口が500万人以上も増加したことも考慮すると、制度の周知方法、周知期間も不十分である。

このまま来年10月の実施を強行することは、上記のとおり、立場の弱い零細事業者やフリーランスに過大な負担を強い生活の困窮へと追い込む可能性があるとともに、納税者の理解と納得も甚だ不十分であることから、あまりに拙速であると言わざるを得ない。
当市民連絡会は、インボイス制度の来年10月の導入に反対するとともに、政府に対し、小規模・零細事業者が不利益を被る可能性、税負担の水平的公平性の毀損、帳簿作成の事務負担などの重要課題について、さらなる検討と説明・議論の場を設けることを求めるものである。

2022年8月8日
公正な税制を求める市民連絡会
共同代表 宇都宮健児

Source URL: https://saitamasogo.jp/archives/89775


【今週の埼玉総合】 深呼吸の必要(弁護士 竹内和正)

by staff | 2022年8月8日 11:57 AM

新聞やネットニュースを読み、事態の深刻さや人間の悪意に触れていると、どうしても気分が落ち込んでしまいます。
とにかくパニックをおこして、信じたくない意見を批判したり、偏った意見に動揺したりしないようにしなければなりません。
「できることがないと絶望しそうになったときは深呼吸をしたらいい」と昔、誰かに聞いた気がします。
深呼吸なら、僕にもできます。

弁護士 竹内 和正

Source URL: https://saitamasogo.jp/archives/89769


8/28(日)13:30~オンライン講演等(無料)コロナ禍が続く今、考える-子ども若者支援・自殺対策の現状と、地域からの協働(よりそいホットライン事業報告会)

by staff | 2022年8月3日 4:53 PM

よりそいホットラインの取組、「奇跡の教育」などとして県内外で高く評価されているアスポートの子ども・若者支援の現場報告、多業種連携の取組である「暮らしとこころの総合相談会」の現場報告などを踏まえ、子ども若者支援、自殺対策等の課題に取り組んでいくための地域における連帯と協働について考えます。

【日  時】 2022年8月28日(日)13:30~16:30
【開催方法】 オンライン
       なお、コロナ禍のため、会場でのリアル参加(埼玉会館5B会議室)は、報道関係者及び事業関係者に限らせていただきます。
【参加費等】 無料・どなたでもご参加いただけます。

【内  容】
■よりそいホットライン事業報告 コーディネーター 矢野浩美
■講演
 ①「子ども・若者支援アスポート事業の現場から」
  土屋匠宇三(しょうぞう) (彩の国子ども・若者支援ネットワーク代表)
 ②「自殺対策の最前線にて」
  飛鳥井行寬(司法書士 暮らしとこころの総合相談会)
■パネルディスカッション 地域からの連携と協働について考える
 (パネリスト)
  土屋匠宇三
  飛鳥井行寬
 (コーディネーター)
  猪 股 正(弁護士)

【申込方法】
申込用URL又はQRコードからお申込みください。
当日の参加用U R Lをお送りします。
申込用URL:https://forms.gle/pzidJD9ztQbjCugDA

申込用QRコード

申 込 締 切  :  2022年8月26日(金)

【主催】 一般社団法人 多文化リソースセンターやまなし
【協力】 一般社団法人 社会的包摂サポートセンター

 


Source URL: https://saitamasogo.jp/archives/89751


【今週の埼玉総合】この国のかたちを見つめ直す (弁護士 伊須慎一郎)

by staff | 2022年7月22日 10:36 AM

加藤陽子教授(東京大学文学部)著書を読み、さすが日本の近現代史を専攻された専門家だとうなりました。

「9条の意義、見つめ直す時」の中で、加藤先生は、最近の日本が平和憲法を守ってこられたのは、
在日米軍の存在があり、米国の核の傘のおかげであり、9条の存在ではないという論調に対し、こう述べています。

「ただ、9条には、国内的な存在意義があることを忘れるべきではありません。9条の存在によって、戦後日本の国家と社会は、戦前のような軍部という組織を抱え込まずに来ました。
戦前の軍部がなぜあれだけの力を持てたかと言えば、国の安全と国民の生命を守ることを大義名分とした組織だったからです。実際には、大義の名のもとに、国家が国民を存亡の危機に陥れる事態にまで立ち至りました。軍部は、情報の統制、金融・資源データの秘匿、国民の監視など、安全の名を借りて行ったのです。
このような組織の出現を許さない、と痛切な反省の上に、現在の9条があるのだと思います。」

憲法学者の青井美帆教授(学習院大学)は、憲法9条は、国民の自由を守る防火壁であると説明されていますが、同じ意味であると考えます。

ところで、陸上自衛隊が、2020年、記者向けの勉強会で配布した資料で「予想される新たな戦い」の対象に「反戦デモ」を挙げていたことが報道されました。

また、陸上自衛隊が、2020年11月4日、米軍基地反対の抗議活動をする市民の排除を想定した訓練を米海軍と共同で実施しています。

憲法9条への攻撃が強くなっていますが、またぞろ、戦前の思想弾圧と検閲の嵐が現代社会にも復活するのでしょうか。

加藤先生の指摘する憲法9条の国内的意義、青井先生の憲法9条は自由を守る防火壁の役割を果たしているという意義を、よくよく噛み締める必要があるのではないでしょうか。

弁護士 伊須 慎一郎

Source URL: https://saitamasogo.jp/archives/89738


【今週の埼玉総合】個人的な意見ですが (弁護士 竹内和正)

by staff | 2022年7月20日 11:45 AM

「個人的な意見ですが、・・・」、「別にファンではないですが、・・・」、「ずっと応援してきましたが、・・・」などと、あくまでも公平な立場を装って意見が述べられることが増えている気がします。

どうせ意見なんて主観にすぎないんだから、そんな覚悟のない意見には、個人的には、耳を貸しません!

弁護士 竹内 和正

Source URL: https://saitamasogo.jp/archives/89733


政見放送をエンターテイメントに(弁護士 髙木太郎)

by staff | 2022年7月11日 4:01 PM

今日、参議院選挙の政見放送をたまたまみた。
れいわ新選組」と「日本維新の会
「れいわ」の政見放送はなかなか聞かせるものだった。おそらく相当の準備をしたであろうし、山本太郎の能力に負うところも大きいのだろう。「維新」はあまりにくだらなかったので、途中で見るのをやめた。吉村知事が原稿を見ながら進行をして、松井市長がグダグダの喋りをする、準備も不十分、やる気も中身もないものだった。

各党は、まずは、政見放送を見てもらわないと始まらないのだから、政見放送にエンタメの要素を取り入れるなど、何か、おもしろい、聞きたい、見たいというものにしたらどうなのだろうか。日本では、そのようなことを始めると「ふまじめだ」とか見られてしまう。実際、東京選挙区などでは、奇をてらうだけのくだらない政見放送があふれているので、簡単には、踏み込めないかもしれないが。若年層を含めた多くの人が、政見放送はおもしろい、と思ってみるようになれば、もう少し、政治への関心も高まるし、投票率も上がると思うのだが。

弁護士 髙木 太郎

Source URL: https://saitamasogo.jp/archives/89720


雑誌「世界」8月号「東京電力11年の変節 第1回 被災者への攻撃」

by staff | 2022年7月7日 9:02 PM

2011年3月、原発事故から逃れて数千人の人がさいたまスーパーアリーナに避難されてきました。毎日、スーパーアリーナに通い、旧騎西高校などにも通い相談活動などを行いました。あの光景、あの日々を忘れません。

事故後、東京電力は「3つの誓い」を掲げました。被害者の方々に寄り添い最後の一人まで賠償を貫徹すると誓いました。

ところが、原発事故から11年が過ぎ、東京電力は、被害者に寄り添うどころか、被害者を攻撃し、その苦悩に追い打ちをかけています。

雑誌「世界」8月号「東京電力11年の変節 第1回 被災者への攻撃」は、東京電力の変節の実態を追う連載の第1回であり、攻撃された被災者を取材しています。是非、お読みください。

弁護士 猪 股  正

Source URL: https://saitamasogo.jp/archives/89716


埼玉自治体問題研究所【そよ風 2022年夏号(vol.55)】に鈴木満 弁護士のインタビュー記事が掲載されました。

by staff | 2022年7月1日 4:58 PM

埼玉自治体問題研究所

暮らしと権利、人としての尊厳を守るため歩み続けた50年

埼玉自治体問題研究所 そよ風 2022年夏号(vol.55)ダウンロード

Source URL: https://saitamasogo.jp/archives/89674


ビルの解体(弁護士 牧野丘)

by staff | 2022年6月29日 9:48 AM

いま浦和駅西口駅前広場に面した一角に巨大な駅前ビルが建築されようとしています。付近一帯が工事用の塀で囲まれ、多くのビルや建物が解体中です。
物心ついた頃からあったお店もなくなってしまいました。事務所から浦和駅に向かう途中のエリアなので、当事務所にとってもなじみのお店がたくさん並んでいました。生まれ育って浦和の人間の私としては、とても寂しい。
駅前に伊勢丹ができた時にも驚いたものですが、実はさほど町並みは変わらなかった。でも今回はだいぶ変わってしまいそうです。

ビルの解体と言えば、事務所のごく近所のビル2軒も解体中。ひとつは私が弁護修習中にお世話になった事務所が入居していました。
けっこうハメを外していた弁護修習でしたが、その事務所には、ゴーンさんの弁護人として一躍有名になった刑事弁護の大家の高野隆さんが弁護士2年目のイソ弁として働いていました。彼は私と大学同窓、同い年ですが、既にその頃から激しい刑事弁護を敢行していました。たまに近所の銀水苑という小さな、でもものすごくおいしい焼き肉屋さんに連れて行ってくれたりして、それはそれは楽しく充実した4ヶ月の弁護修習でした。

私にとっては守り神のようにそばにいてくれた建物も解体され・・・あぁ、なんだか私にとっての時間が終わりを告げているようです。

弁護士 牧野 丘

Source URL: https://saitamasogo.jp/archives/89668


YouTube録画・視聴できます 「6/14 コロナなんでも電話相談 2年間の取り組みから見えてきたもの -1万件超の相談をふまえた私たちの政策提言-」

by staff | 2022年6月23日 9:56 PM

2022年6月14日(火)13:00から、衆議院第二議員会館にて行われた「コロナなんでも電話相談 2年間の取り組みから見えてきたもの-1万件超の相談をふまえた私たちの政策提言-」は、以下をクリックして視聴いたたくことができます。

私たちは、全国の諸団体、弁護士、司法書士、社会福祉士等のソーシャルワーカー、労働組合・支援団体関係者で、2020年4月から2カ月に1回のペースで電話相談会を開催し、約1万3000件の相談に応じてきました。
低年金・無年金を補うための仕事を失った高齢者や長期失業者などからの相談も多く、債務や家庭内のトラブルなど複合的な問題を抱え、相談内容は深刻化しています。相談内容の報告と分析を踏まえ、私たちは参議院選挙を迎えるにあたり、国政主要政党に対して、政策提言を行いました。

内容

1 なんでも電話相談の2年を振り返る~相談現場から
 猪股 正(弁護士・埼玉)
2.2年間の「なんでも電話相談会」相談票入力データの分析
  後藤 広史(立教大学教授)
3.労働分野の相談から見えてきたもの
  仲野 智(全労連常任幹事)
4.1万件超の相談を踏まえた政策提言
  小久保 哲郎(弁護士・大阪)
 *議員の発言、質疑交換は随時

資料
こちらからダウンロードしてください。

主 催 コロナ災害を乗り越える・いのちとくらしを守る何でも電話相談会実行委員会
問合先 猪股 正  (埼玉総合法律事務所 電話 048-862-0355)
    小久保 哲郎(あかり法律事務所    電話  06-6363-3310) 



       

    

Source URL: https://saitamasogo.jp/archives/89664