コロナ災害「コロナなんでも」電話相談ダイヤル・平日16時~18時・埼玉総合法律事務所の弁護士が対応・048-862-0360・相談無料

by staff | 2020年6月30日 7:07 AM

新型コロナウイルス感染拡大による仕事の喪失、売上の減少等により、派遣、パート、正社員、フリーランス、個人事業者、中小企業等、困難な状況に陥る人が急増しています。 4月18日~19日に全国一斉で行われた「コロナ災害を乗り越える いのちとくらしを守る なんでも電話相談会」(同実行委員会主催)では、2日間で全国5000人以上の方からの相談に対応できましたが、電話の呼出は全国で42万件以上あり、電話が殺到し、対応できたのはごく一部という状況でした。

報道によれば、県内全体の4月の生活保護申請件数は前年同月比21・9%増の1006件、生活支援策である住居確保給付金の5月の申請件数は1126件で、前月(232件)の約5倍という状況です(2020年6月21日付け朝日新聞記事「県内でも生活困窮広がる 生活保護申請2割増」

当事務所では、基本的人権を擁護し、社会正義を実現するという弁護士の使命を果たす自覚のもと、微力ながら、緊急に電話相談ダイヤルを設置しています。 当面、平日2時間体制で実施いたします。 お気軽にご相談ください。
【日  時】 月曜日~金曜日 毎日16時~18時
【電話番号】 048-862-0360
【相 談 例】
・コロナ感染拡大による営業不振を理由に雇い止めされた
・フリーランス、個人事業者で、コロナで売上が急減した
・コロナで、収入が減り、「生活費が尽きそうだ。」「家賃を滞納している。」「住宅ローンが払えない。」「貯えがゼロ」…
・コロナで会社が休業し、無収入状態
・コロナで休業し、従業員に休業手当を支払ってきたが、もう限界
・職場環境が悪く、コロナに感染するのが怖いが、収入が途絶えるので、休めない。
・コロナで生活に困窮。生活費や家賃を援助してくれる制度について教えてほしい。
・事業の「持続化給付金」について教えてほしい。
・ネットカフェを追い出されて住居がない。
・その他、「コロナ災害」でお困りのことに、当事務所弁護士が、無料で、ご相談をお受けします。
【主  催】 埼玉総合法律事務所

Source URL: https://saitamasogo.jp/archives/86639


目は口ほどにはものは言わない?

by staff | 2020年11月28日 10:08 AM

「目は口ほどにものを言う」といいますが、相談者の方と打合せをする時のマスクはそう上手くはさせてもらえません。
何度か会っている依頼者であれば別ですが、初めての相談者の時は表情が見えず、その人となりが見えません。
自分の抱える悩みを、弁護士とはいえ、全くの他人に話すのですから「口ごもる」こともあるでしょう。
そんな気持ちを推し量れるのも「目」だけではなく「口元」も見えるからだと思います。
1日も早くマスクなしの生活が送れることを祈ります。
もっとも、我が国の新しい首相はマスクをしていてもしなくても「お答えは差し控えます」と何も語ろうとしませんし、あの人の目は淀んでいて何を見ているのか判りませんが。

弁護士 梶山 敏雄

 

 

Source URL: https://saitamasogo.jp/archives/87487


アクセス

by saitamasogo | 2020年11月25日 11:27 AM

目次

概略図

※クリックすると大きい地図がご覧頂けます(印刷用)
 

徒 歩

JR京浜東北線、宇都宮線、高崎線の「浦和駅」下車、西口より県庁通りを埼玉県庁に向かって進み、県庁手前の信号を左折、右側8軒目のビルが当事務所です。
駅より徒歩で約10分程度です。

JR浦和駅(西口)から事務所への道順

 

1、浦和駅西口を出ると左手に交番があります。交番右横の横断歩道を渡り、道なりに進みます。

 
2、埼玉県庁へ向かって「浦和駅西口」スクランブル交差点を渡り左側の歩道を真っすぐ進みます。
 

3、ファミリーマートを過ぎるとレンガ造りの埼玉会館が見えます。「埼玉会館」のバス停をそのまま進みます。

 

4、モスバーガーがある「県庁前(東)」交差点を渡って左に曲がります。

 

5、左手にタイムズの駐車場を見ながら進みます。

 

 

6、ビル(東和ビル)に「埼玉総合法律事務所」と表示されています。受付は4階です。エレベーターでお上がりください。

 

自動車・バイク・自転車

国道17号線、県庁前交差点を浦和駅方向に曲がり、2つ目の信号を右折。右側8軒目のビルが当事務所です。
専用駐車場・駐輪場はございませんので周辺の有料駐車場をご利用をお願いいたします。

★事務所周辺の駐車場情報はこちら

アクセスマップ

所在地・連絡先

〒330-0064 埼玉県さいたま市浦和区岸町7-12-1 東和ビル4階
TEL 048-862-0355

Source URL: https://saitamasogo.jp/archives/87477


「来年、埼玉弁護士会より『使用貸借の法律と実務』の書籍を発行します」

by staff | 2020年11月20日 4:10 PM

 

埼玉弁護士会で、来年、研修会を開催し、そのための書籍の発行をします。
テーマは仮題で「使用貸借の法律と実務」。
耳なれない言葉かもしれませんが、ただで建物などを貸借している場合の話です。
若い人たちと一緒にあーでもないこーでもないなどと議論するのは楽しい時間です。

来年8月発刊。こうご期待!!です。

弁護士 高木 太郎

 

Source URL: https://saitamasogo.jp/archives/87457


11/28 公正な税制を求める市民連絡会・設立5周年記念On-line集会 「コロナ禍を乗り越え、いのちを守る財政を!」

by staff | 2020年11月11日 8:26 AM

公正な税制を求める市民連絡会・設立5周年On-line集会
「コロナ禍を乗り越え、いのちを守る財政を!」

 新型コロナウィルス・パンデミックにより、社会は大きな危機に直面しています。休業や失業が増加して貧困が拡大し、医療提供体制をはじめとする社会保障の脆弱性が露呈しています。同時に、大企業や富裕層への富の集中が続き、格差は一層拡大しています。危機対応として、巨額の財政出動がなされ、財政赤字は一気に拡大しました。
 危機のさなか就任した首相の所信表明では、国難の中、あらためて「自助」が強調され、「経済成長」優先の方向性が示されています。
 はたして、私たちの生活やいのちは、「自助」と「経済成長」で守られていくのか、急増した財政赤字解消のため社会保障を削減する必要はないのか、感染拡大の第2波、第3波、気候変動に伴う豪雨災害等、今後も引き続く危機への備えなくして社会は持続するのか。私たちは、今、大きな岐路に直面しています。
 本集会では、「ベーシック・サービスの重要性」「普遍主義による社会保障の充実」を訴え続けられている井手英策教授をお招きして、現状を見据え、当面の危機、さらに引き続く危機を乗り越え、いのちを守る財政、人間の幸福や人間の尊厳ある生存を守る財政のあり方について考えます。
 多くのみなさまのご参加をお待ちしています。

■テーマ/公正な税制を求める市民連絡会・設立5周年記念On-line集会
「コロナ禍を乗り越え、いのちを守る財政を!」

■日時/2020年11月28日(土)13時30分~16時30分頃
 なお、13時から13時15分まで、活動報告、会計監査等、年次総会を開催いたしますので、会員の方、入会希望の方は、ご参加ください。

■参加対象/当会会員の方のほか、どなたでも参加できます。

■基調講演/井手英策(慶應義塾大学教授)
「コモンズ再生の財政社会学〜自助と言い放つ人たちへの反論」

■パネルディスカッション
(パネリスト)
 赤石千衣子(NPO法人しんぐるまざあず・ふぉーらむ理事長)
 井手英策教授
 宇都宮健児(弁護士。公正な税制を求める市民連絡会共同代表)
(コーディネーター)
 猪股 正(弁護士。公正な税制を求める市民連絡会事務局長)

■参加費/無料
 カンパ大歓迎
 (振込先)ゆうちょ銀行 公正な税制を求める市民連絡会(コウセイナゼイセイヲモトメルシミンレンラクカイ)
 ◎ ゆうちょ銀行から振込:10160-446381
 ◎  他行から振込:ゼロイチハチ(018)支店 普通預金口座 0044638

■開催方法/Zoom
 ※Zoomは下記のURLをクリックすれば誰でも参加できるオンラインツールです
 (インストール・ご利用ともに無料で、所要時間2分ほどで準備が完了します。)

■要申込
 登録用URL
 → https://us02web.zoom.us/webinar/register/WN_Ynqv1L_qRUi-v1tOa2QpDA

 こちらからお申し込み下さい。ご登録後、ウェビナー参加に関する確認メールが届きます。
 資料のダウンロード用のURLは、別途メールでご案内させていただきます。

■主催/公正な税制を求める市民連絡会

■連絡先/弁護士 猪股正 埼玉総合法律事務所 電話048-862-0355

 

Source URL: https://saitamasogo.jp/archives/87443


12/6 コロナ危機から考える連続企画第10回/On-line学習会「コロナ・パンデミックと国際課税ルールの刷新-GAFA課税の実現に向けて-」

by staff | 2020年11月6日 12:00 AM

公正な税制を求める市民連絡会『コロナ危機から考える』連続企画第10回 On-line学習会のご案内
「コロナ・パンデミックと国際課税ルールの刷新ーGAFA課税の実現に向けて-」

コロナ・パンデミックの中で各国の財政は危機的状況にあります。
他方、パンデミックは、経済のデジタル化をいっそう加速し、GAFA(グーグル・アップル・フェイスブック・アマゾン)などのデジタル企業が、利益を大幅に増やしています。
これらのデジタル企業をはじめとする巨大企業が、タックス・ヘイブンを利用するなどの方法により、脱税や税逃れをすることに対し、歯止めをかけることができなければ、財政危機はさらに深刻化し、格差が拡大するばかりであり、コロナ危機の今こそ、国際課税ルールの刷新、強化を実現することが必要です。

OECDを舞台にして130数か国が参加する「デジタル課税」の国際的な取り組みはいよいよ最終段階を迎えています。現在の到達点をどう見るか、真の改革を阻んでいるものは何か。来年に延期された最終決着に向けて何が必要かを共に考えたいと思います。ぜひご参加下さい。

■テーマ/コロナ・パンデミックと国際課税ルールの刷新ーGAFA課税の実現に向けてー

■日時/2020年12月6日(日)15時~17時

■参加対象/当会会員の方のほか、どなたでも参加できます。

■講師/合田 寛氏(政治経済研究所理事・公正な税制を求める市民連絡会幹事)

■開催方法/オンライン・Zoom(インストール・ご利用ともに無料です。)
所要時間2分ほどで準備が完了する「Zoom」というサービスを利用いたします。

■参加費/1人1000円

■参加申込み(お支払い方法)
次のpeatixアドレスから申込み、各自が選択された方法で事前にお支払いください(お支払い後のキャンセルは、ご容赦ください。)。

peatixアドレス:https://peatix.com/event/1678110/view

お支払い後、Zoom参加用のURLを個別にお送りします。
また、資料のダウンロード用のURLは、別途メールでご案内させていただきます。

(追加情報)
peatixの使い方が難しいというご指摘をいただき、従来の参加方式の二本立てとさせていただくことにいたしました。
従来方式の登録は、こちらのURLから登録いただき、後で構いませんので、下記口座に1000円をお振込みください。よろしくお願いいたします。
https://us02web.zoom.us/webinar/register/WN_nVTnfWo_QqGac_BoC5WI3w
 (振込先)ゆうちょ銀行 公正な税制を求める市民連絡会(コウセイナゼイセイヲモトメルシミンレンラクカイ)
 ◎ ゆうちょ銀行から振込:10160-446381
 ◎  他行から振込:ゼロイチハチ(018)支店 普通預金口座 0044638

■主催/公正な税制を求める市民連絡会

■連絡先/弁護士 猪股正 埼玉総合法律事務所 電話048-862-0355

 

Source URL: https://saitamasogo.jp/archives/87413


11/1(日)仕事や生活に困っている外国人のための相談会のお知らせ

by staff | 2020年10月29日 10:09 AM

11/1(日)仕事や生活に困っている外国人のための相談会のお知らせ

お金がない… 難民申請をしたい… 仕事をくびになった…
家賃を払えない… 病院に行きたい… 食べ物がほしい…
【熱があるなど体調に不安のある方は参加をお控えください。】

 

11月1日(日)、「人の生存権を守る実行委員会主催」で、JR川口駅東口に大規模なテント村を設営して、クルド人の方を中心とした外国人向け大相談会を実施します。
新型コロナ禍で国籍を問わず、多くの市民が困り果てています。
なかでも外国人の生活困窮は深刻です。
会場には、医療機関、労働組合、弁護士、司法書士、社会福祉士、臨床心理士などが参加して、相談対応をします。

約25名のトルコ語の通訳にもご協力いただきます。
お困りの外国人の方に、お知らせください。
医師や看護師の協力も得て、受付で検温等させていただきますが、
熱があるなど体調に不安のある方は、参加をお控えください。
よろしくお願いいたします。

 

◆運営主体
主催:クルド人の生存権を守る実行委員会
共同代表:藤田孝典(ほっとプラス)、稲葉奈々子(移住連)、松澤秀延(クルドを知る会) 事務局長:岩橋誠(POSSE)
加盟団体:クルドを知る会、クルド難民弁護団、反貧困ネットワーク、反貧困ネットワーク埼玉、NPO法人ほっとプラス、NPO法人POSSE、埼玉県民主医療機関連合会、移住者と連帯する全国ネットワーク貧困対策PT、新型コロナ災害緊急アクション、一般社団法人日本クルド文化協会、首都圏移住労働者ユニオン、総合サポートユニオン、首都圏生活保護支援法律家ネットワーク、ふーどばんく埼玉

◆当日概要
日時:11月1日(日) 10時~16時
会場:キュポ・ラ広場(川口駅東口すぐ)

内容
*法律支援:弁護士相談(クルド難民弁護団など)
*医療相談:埼玉県民主医療機関連合会
一般医療、歯科・ニーズ:ストレス(精神)、高血圧、糖尿、肩・足、腎臓・肝臓、歯、妊産婦

◆参加費
無料・予約不要
相談にお金はいりません/予約はいりません(10:00から16:00まで、いつでも来てください)
弁護士やNPO、医者がお話を聞きます

◆相談・ボランティア・取材などのお問い合わせ
クルド人の生存権を守る実行委員会 事務局(岩橋)
メール:righttolivekurds@gmail.com

 

20201101外国人相談会(PDF)

 

Source URL: https://saitamasogo.jp/archives/87428


ハロウィン

by staff | 2020年10月28日 4:29 PM

 

ハロウィン本来の意味や起源など全く知らないのですが、個人的には1年に1度仮装しなければならない日だと認識しています。

先日、注文していた今年度の衣装が届きました。当日が楽しみです。

弁護士 鴨田譲

 

Source URL: https://saitamasogo.jp/archives/87425


10/27(火)最低賃金の全国一律化について考える市民集会のご案内

by staff | 2020年10月19日 1:32 PM

我が国の最低賃金は、世界的に見るとまだまだ低い状況であり、大幅な引上げが必要です。さらに、最低賃金の地域間格差が依然として大きく、ますます拡大していることも見過ごすことのできない重大な問題です。地方では賃金が高い都市部での就労を求めて若者が地元を離れてしまう傾向が強く、労働力不足が深刻化しています。地域経済の活性化のために、最低賃金の地域間格差の縮小が急務です。また、今般の新型コロナウイルス感染症の拡大により、都市部への過度の人口や企業の集中が大きなリスクであることも顕在化し、地方の再生と活性化の重要性が改めて浮き彫りとなっています。

一方で、最低賃金の大幅な引上げは、特に地方における中小企業の経営に影響を与えることが予想されます。最低賃金の引上げが困難な中小企業のための社会保険料の減免や減税、補助金支給等の中小企業支援措置が不可欠であり、そのような措置の具体的な検討が必要です。

そこで、今回、最低賃金の全国一律化について、その意義は何か、実現のためには何が必要であるのか、実現へ向けたプロセスはどうあるべきなのか、について広く市民とともに考える集会を企画しました。

ぜひご参加ください!

日時 2020年10月27日(火)18時00分~20時00分
開催方法 Zoomウェビナーによるオンライン形式にて開催いたします。 【事前登録制】

※Zoomアプリを事前にインストールした上で参加してください。

お申し込みいただいた方に参加URLをお送りいたします。

参加費 参加無料
参加対象 どなたでもご参加いただけます。
内容(予定) プログラム(予定)

◆講演

  • ・岡田 知弘 氏(京都橘大学教授・京都大学名誉教授)

◆報告

  • ・兒玉 修一 弁護士(日弁連貧困問題対策本部委員)
申込方法 下記リンクまたは二次元バーコードよりお申し込みいただけます。

icon_page.png申込みフォーム

event_201027.jpg

※参加をご希望の場合は、【10月20日(火)】までにお申し込みください。

主催 日本弁護士連合会
お問い合わせ先 日本弁護士連合会 人権部人権第一課
TEL 03-3580-9501
備考 【注意事項】

■ 本シンポジウムへのご参加には以下の機材および環境が必要です。
・パソコン、タブレット、スマートフォンなど、インターネット接続のできる機材
・インターネットをご利用いただける環境
※安定した通信環境で接続をお願いいたします。スマートフォンはWi-Fiに接続してご利用いただくことを推奨します。視聴にかかるインターネット通信料は視聴者のご負担となります。

■ Zoomウェビナーについて

・Zoomウェビナーへの参加にあたり、Zoom上でお名前とメールアドレスの入力が必要です。
・Zoomについては、Zoomサービス規約の内容をご確認いただき、同意の上でご利用ください。

icon_page.pngZoomサービス規約

・あらかじめ視聴を希望される機材でZoomのインストールをお願いいたします。

icon_page.pngZoomインストール

・イベント前日までに下記URLからZoomの利用が可能であるかテストしていただくことを推奨します。

icon_page.pngミーティングテスト

※Zoomウェビナーのサービス・機能等に関するサポートは致しかねます。

■ 当日、何らかの理由で通信が中断し復旧困難となった場合、やむを得ずシンポジウムを中止する可能性があります。また、PC環境・通信状況等の不具合については日弁連では責任を負わず、サポート対応等も行いかねますので予めご了承ください。

Source URL: https://saitamasogo.jp/archives/87420


11/12 日弁連「全国一斉/解雇・失業・生活相談ホットライン」のご案内

by staff | 2020年10月18日 10:24 AM

コロナ危機に対応して、日弁連が、全国一斉ホットラインを開催します。多くの方にお知らせください。

詳細は、次のとおりです(日弁連ホームページ

コロナ禍の中、休業、解雇・雇い止め等により、労働者、フリーランス、自営業者など、多くの人が、収入減少、失業等に追い込まれています。国の給付金、貸付金、失業給付、生活保護などの制度を利用できていない人も少なくありません。

そこで日弁連は、厳しい状況におかれている方々に対して適切な助言を行うことと、労働者の深刻な実態、不安、悩みを明らかにするためにホットラインを実施することといたしました。

全国の弁護士会において、2020年11月12日(木)、全国統一フリーダイヤル【 0120-610-225 】(ロウドウのフツゴウ) で実施いたします。

ひとりで悩まず、お気軽にご相談ください。各地の弁護士がアドバイスさせていただきます。

内容 全国一斉 解雇・失業・生活相談ホットライン(フリーダイヤル)

2020年11月12日(木)10時00分~22時00分

0120-610-225(ロウドウのフツゴウ)

※フリーダイヤルにおかけいただきますと、お近くの弁護士会につながります。なお、上記時間内は、話中時でも他の地域の弁護士会につながるように設定されています。

※回線混雑等の事情によりつながりにくい場合もございますので、あらかじめご了承ください。また、上記フリーダイヤルを始め、各地のホットライン専用電話番号は、実施日時以外はご利用になれませんので、ご注意ください。

icon_pdf.gifチラシ (PDFファイル;214KB)

icon_pdf.gif実施弁護士会一覧 (PDFファイル;131KB) ※適宜更新あり

※新潟は11月13日(金)、函館は11月17日(火)に実施します。また、群馬・沖縄では、独自の電話番号(フリーダイヤルではありません。)を設けていますので、ご注意ください。実施時間は上記の「実施弁護士会一覧」をご確認ください。

お問い合わせ先 1 日本弁護士連合会人権部人権第一課

TEL:03-3580-9501/ FAX:03-3580-2896

2 各地の実施内容につきましては、「実施弁護士会一覧」をご参照の上、各弁護士会にお問い合わせください。なお、同一覧は、実施弁護士会が決まる毎に更新します。

Source URL: https://saitamasogo.jp/archives/87406


11/24 On-line学習会@パリ「フランスのコロナ危機 ー公共医療と民主主義を破壊し、不平等を増大させるネオリベラリズム」

by staff | 2020年10月18日 9:41 AM

公正な税制を求める市民連絡会『コロナ危機から考える』連続企画第9回【On-line学習会】のご案内
@パリ「フランスのコロナ危機 ー公共医療と民主主義を破壊し、不平等を増大させるネオリベラリズム 」

「諸外国に学ぶコロナ危機対応⑦」は、パリ在住の飛幡祐規(たかはたゆうき)さんを講師に迎え、コロナ感染の”第2波”のただ中にあるパリと日本をOn-lineでつなぎ、リアルタイムで、お話いただきます。

フランスでは、春の第1波の際、医療崩壊の危機に直面し、死者は3万人近くに上りました。背景には、EUの緊縮政策に基づく20年来の公共病院の予算の削減、人員と病床の大量削減などがあると指摘されています。ロックダウンにより、いったん感染を押さえ込んだ後、レストランやバーなどの再開、外国人観光客の受け入れを始め、8月後半以降、新規感染者が増え、数週間で急加速し、10月中旬現在、新規感染者数は1日3万人を超えました。
感染者数の急増のみならず、入院患者と重症化患者の急増を受け、10月14日、マクロン大統領がパリなど9都市で、夜間の外出禁止令を出すに至りました(10月17日より施行、最低4週間以上)。
日本でも、医療費抑制政策のもと、国立病院の統廃合、病床数削減、医師・看護師の人員の削減などが推進され、コロナ危機の到来により、医療の脆弱性を露呈するに至り、政策の是非が問われています。
医療の問題を切り口に、フランスと日本を対比し、民主主義や格差の問題についても考えます。

コロナ禍の今、大きな社会の危機であると同時に、社会がよき方向に向かう転機でもあります。同じくコロナ禍を経験している、日本とは異なる社会に学び、日本が目指すべき社会のあり方について、一緒に考えましょう。ぜひご参加下さい。

■テーマ/フランスのコロナ危機-公共医療と民主主義を破壊し、不平等を増大させるネオリベラリズム

■日時/2020年11月24日(火)18時30分~20時30分

■参加対象/当会会員の方のほか、どなたでも参加できます。

■講師/飛幡祐規(たかはたゆうき)さん

■開催方法/オンライン・Zoom(インストール・ご利用ともに無料です。)
所要時間2分ほどで準備が完了する「Zoom」というサービスを利用いたします。

■参加費/1人1000円

■参加申込み(お支払い方法)
次のpeatixアドレスから申込み、各自が選択された方法で事前にお支払いください(お支払い後のキャンセルは、ご容赦ください。)。

https://peatix.com/event/1676950/view

お支払い後、Zoom参加用のURLを個別にお送りします。
また、資料のダウンロード用のURLは、別途メールでご案内させていただきます。

(追加情報)
eatixの使い方が難しいというご指摘をいただき、従来の参加方式の二本立てとさせていただくことにいたしました。  
従来方式の登録は、こちらのURLから登録いただき、後で構いませんので、下記口座に1000円をお振込みください。よろしくお願いいたします。
https://us02web.zoom.us/webinar/register/WN_8mQ_evtIR1m7WWy-_lvK8w  

 (振込先)ゆうちょ銀行 公正な税制を求める市民連絡会(コウセイナゼイセイヲモトメルシミンレンラクカイ)
 ◎ ゆうちょ銀行から振込:10160-446381
 ◎  他行から振込:ゼロイチハチ(018)支店 普通預金口座 0044638

■主催/公正な税制を求める市民連絡会

■連絡先/弁護士 猪股正 埼玉総合法律事務所 電話048-862-0355

【関連情報】

11/5 日弁連/医療制度改革に関するシンポジウム「新型コロナウイルス感染症拡大による医療の現状から『地域医療構想』を考える」

Source URL: https://saitamasogo.jp/archives/87399