新座生活保護費支給漏れ被害対策弁護団の発足について

by staff | 2020年2月9日 5:20 PM

令和元年6月,新座市において,生活保護費の障がい者加算の支給漏れが判明しました。支給漏れは,古くは平成14年8月分からあり,支給漏れの総額は、16世帯、2135万850円にのぼります。
ところが、新座市は、支給漏れ分のうち,過去5年間分だけ支払いをし,それより前の分は支払いをしていません。

そこで、反貧困ネットワーク埼玉は、新座市に対し、全額が追加支給されるべきことを申入れ、従前の方針の変更を求めましたが、新座市は、これに応じませんでした。
そのため、過去5年間分だけでなく,支給漏れした分すべてについて,新座市へ支払いを求めるため,被害対策弁護団が結成され、対象世帯の方々からの無料の相談に応じることとなりました。

新座市は、弁護団に関する情報を対象世帯に情報提供しない方針のため、広く、関係者のみなさまから、対象世帯のみなさんに情報が伝わるよう、ご協力のほど、お願いいたします。

お問い合わせは
① 法テラス埼玉法律事務所・弁護士 高田慎二(電話 050-3383-5376)
または、
② 埼玉総合法律事務所・弁護士 猪股正(電話 048-862-0355)   までお願いします。

チラシのダウンロードは→ こちら

【関連情報】
生活保護法に基づく保護費の支給漏れ等を是正し、実効的な再発防止策を講ずることを求める会長声明
毎日新聞:新座市の生活保護費認定漏れ 未支給巡り弁護団結成 /埼玉

Source URL: https://saitamasogo.jp/archives/86488