隷従と忖度

by staff | 2019年6月3日 1:27 PM

広渡清吾先生の話を聞いた。
ドイツ国民はナチスに対して、自ら進んで隷従していったそうだ。
いわば、忖度の積み重ねである。
トランプ来日の報道を見るとマスコミは挙げて忖度。インタビューを受けてる市民も忖度。
忖度を敢えてしない、空気を敢えて読まない、そんな態度が必要だと思った。

弁護士 髙木 太郎

Source URL: https://saitamasogo.jp/archives/85877