埼玉総合法律事務所

電話:048-862-0355
今週の埼玉総合

「ソウルの市民民主主義: 日本の政治を変えるために」(朴 元淳 (原著, 著), 白石 孝 (著))

3月26日の学習会(反貧困ネットワーク埼玉主催、当事務所3階大会議室で開催)で、お話いただく白石孝さんの著書「ソウルの市民民主主義: 日本の政治を変えるために」(2018年、コモンズ)です。私も、白石さんと一緒に、何度かソウル市の調査に参加させていただきました。
マスコミや政府が伝えない、韓国やソウル市の実情を伝える数少ない書籍の1つであり、日本における貧困や格差解消の方策、市民運動のあり方等を考える際、大いに参考になります。
目次をご紹介します。

第1章 ソウル市の市民民主主義革命 白石孝
第2章 キャンドル市民革命が変えたことと、これから変えるべきこと 朴元淳(解説:白石孝)
第3章 まちを市民のものにする――人間中心の交通と出かける福祉 白石孝
第4章 市民の人権を守るソウル市の労働政策 上林陽治
第5章 貧困解消へのチャレンジ――住宅福祉と雇用づくり 白石孝
第6章 私の政治哲学――革新と協同統治 朴元淳
第7章 韓国の社会運動に学ぶ 白石孝
第8章 リベラルにソーシャルの視点を――貧困と格差を是正するために 大内裕和・白石孝

3月の学習会は、どなたでも参加できますので、是非、ご参加ください(詳しくは→ こちら)。
*韓国のキャンドル市民革命の動画は → こちら
*パク・ウォンスン(朴元淳)市長の「2018年新年のご挨拶」は、→ こちら
*ソウル市の政策→ こちら

(弁護士 猪 股  正)

このページを印刷する

新刊「フクシマの医療人類学 原発事故・支援のフィールドワーク」 辻内琢也、増田和高編著

新刊「フクシマの医療人類学 原発事故・支援のフィールドワーク」(辻内琢也、増田和高編著)をご紹介させてください。
福島原発事故発生、さいたまスーパーアリーナでの取組があり、著者の辻内琢也さんとは、その後の旧騎西高校内での相談の現場で出会い、以降、増田和高さんも一緒に、震災支援ネットワーク埼玉(SSN)の取組を一緒に続けてきています。
「生きることを諦めない 原発事故で避難してきた人々の記録」です。
以下、本の裏表紙から
「この本は,前例のない事態において長く続く厳しい状況を生き抜く人々の記録であり,同時にそうした状況に際して,臨床的アカデミズムがいかにふるまうべきなのかを問いかける記録でもある。
福島・浜通り。2011年3月の東日本震災と,その直後に起きた福島第一原子力発電所の事故によって,避難と転居を余儀なくされた多くの人々。本書は,彼らへの支援とフィールドワークを行った医師で医療人類学者 辻内琢也と,その同僚たちによる記録である。
辻内らは,事故直後から埼玉県に避難してきた人々とのかかわりを始め,まずは医療者,臨床家として心を配り,その後,長く続く裁判や補償問題にまで携わっている。そのかたわら被災者のやりきれない気持ちと怒りと嘆きを受けとめ,多くのインタビューを行ってきた。
医療人類学者は,この事故に何を見たのか。フクシマの過去,現在,未来をつづる。」

事実は、時の経過とともに消えていき、あるいは、時々の力によって意図的に消されていきます。
とても貴重な記録だと思います。
https://honto.jp/netstore/pd-book_29502596.html

(弁護士 猪 股  正)

このページを印刷する

痛風になった話

 

先日から左膝が痛かった。
良くなったり悪くなったりを繰り返していたが、ついに立ち上がるのも一苦労となり、医者に行った。
どうも腫れてる。

医者の見立ては痛風だそうだ。
痛風は指に出るんじゃないのか?
今まで何度もそうだったのに。今度は膝か?
節制します。

弁護士 髙木 太郎

 

 

このページを印刷する

アップデート大嫌い

 

パソコンのアップデートが嫌いです。
僕はなにも、不自由していない。

にもかかわらず、繰り返しおどしつけられ、仕方なく設定すると、できていたことができなくなる。
そして、それを詳しい人に相談すると、あ、それアップデートしちゃったの?なんていわれる。

本当に腹立たしい。

もう、アップデートはしないぞ、とほっておくと、繰り返しおどしつけられ、ほっておいたせいで、できていたことができなくなる。
そして、それを詳しい人に相談すると、あ、それアップデートしなかったの?なんていわれる。

もう、僕のことはほっといてほしい。

アップデートが必要な不完全な状態の物を売り出さないでいただきたい。

 

弁護士 竹内 和正

 

 

 

このページを印刷する

ロボット生活

 

 

初めてaiboに会う機会がありました。
出始めの頃は、サイボーグ犬、という感じでしたが、最近のタイプは愛らしい顔つき、しぐさはますます本物の犬に似てきています。
3年かけて育てるようなイメージだそうで、頼めば歌を歌ったり、写真を撮ったりもしてくれます。
家族の人気者。

会話ロボット、掃除ロボット・・・企業だけでなく、一般家庭にもロボットが浸透しているのだなあとしみじみ思いました。

 

弁護士 谷川 生子

 

 

 

このページを印刷する

自然のジャングルジム

 

先日、久しぶりに高尾登山。
登山道には木の根が無数にむき出しに。
まだ生きている根が山を支え水を蓄えていることがよくわかります。
それなりにきつい登りもあり、息が切れますが、子どもはひょいひょいと登っていきます。
子どもにとっては自然がつくったジャングルジムですね。

そんな登山道も近頃は登山者を押しのけ走るランニングコースにもなっているようです。

 

弁護士 古城 英俊

 

 

このページを印刷する

早稲田駅伝2019

 

先週、早稲田駅伝という駅伝大会に出場しました。

早稲田駅伝とは、主に早稲田大学OB・OGが5人1組のチームを組んで各々1区から5区までを走る駅伝大会です。今回で3度目の出場になりました。
私は華の2区ということで、一番長い区間の6キロを走りました。
今回は過去2回よりも事前に練習ができ、よいタイムが出せるのではとひそかに期待していました。

結果は29分36秒!1キロ5分を切るペースで走ることができ、予想以上でした!

この調子でトレーニングを積んで来年はもっと速く走れるようになりたいと思います。

弁護士 鴨田譲

 

 

 

このページを印刷する

箱根

 

1月2日、3日に、箱根に箱根駅伝を見に行きました。
大手町のゴール前で応援することもあったのですが、ほとんど勝負のついている大手町のゴール前よりも、箱根の方が応援に熱が入ります。
大手町は、大手町で応援団やチアリーダーの応援が素敵なのですが、善し悪しなのでしょう。

寒い中、走る選手を見ると、清々しい気持ちになります。
頑張って走る選手の姿が感動させるのでしょうか。
とにかく選手達に良いものを見せてもらいました。

箱根で充電したので、今年1年、また頑張ろうと思います。
本年も宜しくお願い致します。

弁護士 月岡 朗

 

第95回箱根駅伝 日本テレビ 日テレ ホームページより

 

このページを印刷する

やさしいさざめき~派遣村から10年~(弁護士 猪股 正)

 2008年12月24日、この事務所に設けられた何本もの臨時電話は深夜まで鳴り止まず、その様子を報道ステーションのカメラが生中継した。直後、日比谷公園での取組が始まった。派遣切りの嵐が吹き荒れ、仕事と住まいを失った労働者が全国にあふれていた。私たちは、人間は物ではないと訴えた。
   
 時は移り10年がたった。年越し派遣村の記者会見のとき公園内をちょこまかと動き回っていた息子は大学受験をむかえている。派遣村後に変わった政権は元に戻り、あるものをないと言っても首相は三選、非正規雇用の増加も少子化も止まらず、人口は減少し、労働力不足に立ち至っている。政府は、それを外国人で賄うとして、外国人労働者を劣悪な労働条件で働かせてきたことの反省もないまま、慌てて入国管理法改正案を成立させた。

 大企業の都合を優先し、余れば捨てる。安く買いたたき、ぼろぼろになっても構わない。人間を物扱いする社会から人間が減っていくのは当然だ。そして足りなくなれば外から入れる。このまま、AIが普及し大企業がAIを独占したときの社会の様相は想像に難くない。

 茨木のり子さんの詩「六月」。心和む最初の2節。人と人とが力を合わせ人間らしく働き街は若者のやさしいさざめきで満ち満ちる。最後の節は「どこかに美しい人と人との力はないか 同じ時代をともに生きる したたかさとおかしさとそうして怒りが 鋭い力となって たちあらわれる」。今年も、どうぞよろしくお願いします。

弁護士 猪 股  正

(写真 AFP/TORU YAMANAKA http://www.afpbb.com/articles/-/2553605?pid= )

<関連記事・情報>
茨木のり子詩集 谷川俊太郎選(岩波文庫)
2018年12月29日 朝日新聞 「いつ同じ目に」消えぬ解雇不安 年越し派遣村10年
2018年12月27日 WEBRONZA 年越し派遣村10年。今考える成果と限界 稲葉剛 立教大学大学院21世紀社会デザイン研究科特任准教授 
2008年12月29日年越し派遣村記者会見
2008年 12/24 明るいクリスマスと正月を! 年越し電話相談会(反貧困ネットワークブログ)
解説LIVE まいもく #055 「入管収容施設の問題点と『難民』の実態」
2018年11月16日 新たな外国人労働者受入れ制度に対する声明(外国人労働者弁護団)
AI vs. 教科書が読めない子どもたち(東洋経済新報社)

このページを印刷する

広告から世の中を覗き見る

 

最近、電車通勤となり、電車の広告を毎日見るようになりました。
ただの広告も視点を変えれば、今の社会の様子が見えるようで興味深いです。

効率的に休む方法に関する内容と思われる本の広告があり、「今、すごい売れてます」なんて言葉が入ってると、「社会にはゆっくり休む時間がとれないほど忙しくて疲れている人がたくさんいるのかぁ」とか、転職に関する企業の広告が増えたのは、「労働力不足で今は転職する人が多いのかなぁ」なんて思ったりします。

そんな中ひとつの広告が気になりました。
それは、

女性は、単純に楽しそうとか稼げそうとかで転職先を選べず、結婚出産後も復職できるかなどたくさんのポイントを見極めなければならない、だから転職サイトも見極めなければならない

という転職サイトの広告でした。

この広告は、女性の社会進出が進みつつも、女性が男性と同じように働けるようにはなっていない社会をよく表していてとても印象に残りました。
もっと女性が働きやすい社会になり、このような広告がなくなる日が来てほしいものです。

弁護士 鈴木 満

 

このページを印刷する

Scroll Up