埼玉総合法律事務所

電話:048-862-0355
今週の埼玉総合

ハーモニー

 

3人の算数の点数が、70点、80点、87点のとき、3人の平均点は?すべての点数を足して3で割って79点です。では、30㎞の道のりを行きは時速15㎞、帰りは時速10㎞で往復したとき、平均時速は時速何㎞でしょうか。15と10を足して2で割ると12.5だから、平均時速は時速12.5㎞?これは誤りです。行きは2時間かかり、帰りは3時間かかっていますから往復60㎞の道のりを5時間かけて往復していることになるので、60を5で割って、平均時速は時速12㎞となります。

「平均」といっても、いろいろあり、算数の平均点を求める例の計算は、「算術平均(相加平均)」と言うそうです。これとは異なり、「調和平均」というのもあり、平均時速を求める場合は、調和平均の計算をすればよいそうです。

ある複数の数の調和平均を計算するときは、それらの数の逆数(分母と分子をひっくり返した数)の算術平均を計算し、その答えの逆数が調和平均の答えとなります。平均時速の例で二つの時速の数(15と10)の調和平均を求めてみます。まず、15の逆数のと10の逆数のの算術平均は、となり、です。そして、このの逆数が調和平均なので、分母と分子をひっくり返して、答えは12となり、さきほどの正しい答えと一致します。

調和平均のことを、英語では harmonic mean といいます。調和平均を求めるには、数字をひっくり返して算術平均をとり、さらにそれをひっくり返す必要があります。

これは数学の話。人と人との調和(ハーモニー)をとるときも、ひっくり返して、さらにひっくり返す必要があるでしょうか……、いや、そんな必要はないですよね。

ちなみに、harmonic meanというくらいですから、音階とも関わっていて、「ソ」の弦の長さは「ド」の弦の長さと次の「ド」の弦の長さの調和平均になっているそうです。

弁護士 古城 英俊

 

 

 

クレサラ集会inうえだ

先日、長野県上田市で行われた「第37回全国クレサラ・生活再建問題被害者交流集会inうえだ」に参加してきました。

私が出席した奨学金の分科会では、教育問題を統計学・経済学の立場から研究されてきた矢野眞和教授(東京工業大学名誉教授)から、大学の学費値下げは誰のために、何のために必要かについて財源論まで踏み込んだお話を聞くことができ、大変勉強になりました。

会場となった信州大学のキャンパスは紅葉がとてもきれいでした。

弁護士 鴨田 譲

 

 

 

 

選挙

 

期日前の投票日の最終日、浦和の会場で投票してきました。
この会場の浦和区の投票ブースには順番待ちの人が何人もの人が並んでいました。
時間も終了間際の時間でしたし、政治に興味がない人が増えているとよく言われるので、ガラガラかなと思っていたので、正直驚きました。たまたま多いタイミングに当たっただけかもしれませんが、なんだかうれしい気持ちなりました。

ところが、蓋を開けてみれば投票率は50%台。
有権者の約半分は投票していないことになります。
投票していない残り約半分の人たちが投票したら、選挙の結果を変えるほど大きな影響を与えるのではないかと思います。

「どうせ自分が入れたところで自民党が第一党になることは変わらないから」と思う人がいるかもしれませんが、他の政党の支持が増えれば、自民党はその事実を無視できず、今のように強行的な行動は採れなくなるのではないでしょうか。
「どこの政党にいれたらいいかわからない」とか、「入れたい政党・候補者がない」という理由で投票しない人もいるかもしれませんが、それで投票しなかったとしても日本国民である以上選挙の結果の影響を受けないわけではありません。

「決めれないから」といって、自分以外の人たちが決めた政党・政治家が動かす政治の下で生活をし、社会を変えることができる可能性すら自らなくしてしまうことは本当にもったいないと思います。

「社会を変えたい」、「暮らしを変えたい」と多くの人が思っているはずです。
そのための最もわかりやすい一歩が「投票」なのではないでしょうか。

弁護士 鈴木 満

2歳の手習い

テニスが趣味の旦那さんが、2歳になった娘にラケットを買い与えました。
本人もいっちょ前にその気になって、ラケットを担いで出かけていきました。
でも、まだ一番楽しいのは滑り台だそうで、娘と一緒に海外遠征するという旦那さんの夢は、まだまだ遠いようです。

弁護士 南木 ゆう

 

 

 

名を捨てて実も捨てる

民進・前原代表は言う。安倍政権を倒すために「名を捨てて実を取る」。
しかし、その実相は「名を捨てて実も捨てる」でしかない。

「当選」して「政治家」として生き残るためには、安保法制反対を、共謀罪反対を、そして改憲反対を叫んだこともすっかり忘れたように、恥も外聞も無く目の前にぶら下げられた蜘蛛の糸にすがりつく、惨め、哀れな姿。

そうしてまで生き残りたい政治家らが織りなす「第2自民党」を創り出すための「小池劇場からくり芝居」に目を眩まされてはならない。

弁護士 梶山 敏雄

 

 

図書館戦争

作家有川浩さんの「図書館戦争」の映画版を今更ながらに観ました。

本の検閲を進める「良化隊」と、検閲を阻止するための「図書隊」が武器を使用して、戦うのですが、命をかけてでも本を検閲させないのは、なぜなのか、深く考えさせられます。
憲法21条で検閲が禁止されていますので、今の日本で正面から検閲が行われることはないのかもしれませんが、特定秘密保護法が施行され、共謀罪が新設された今後、私たちの手元に重要な情報がきちんと届けられるのか、注視しなければなりません。

<図書館の自由に関する宣言>には、こう書かれています。

第1 図書館は資料収集の自由を有する。
第2 図書館は資料提供の自由を有する。
第3 図書館は利用者の秘密を守る。
第4 図書館はすべての不当な検閲に反対する。
図書館の自由が侵されるとき、我々は団結して、あくまで自由を守る。

私たちは、社会で起きていることに関心を持ち続け、息苦しくない、自由で民主的な社会を守るために、事実を踏まえて、駄目なものは駄目と声をあげることが大切だと思いました。

それにしても、堂上篤役の岡田准一さんは、ちょっとカッコよすぎましたね。
未だ観ていない方にお勧めします。

 

弁護士 伊須 慎一郎

ダイエットはまだまだ続く

この3,4年間、常にダイエットしているのですが、効果はなかなかあらわれません。

旅先などでは気が緩むからでしょうか。

もとの体型に戻る日は遠そうです。

 
弁護士 德永 美之理

 

労働組合の役割

先日、ある大学の教職員労働組合に、学習会の講師としてお招きいただきました。
テーマは労働組合の役割。

少子化などのため、大学の運営も難しくなっていることはメディアでもよく取り上げられていますが、
それに伴い、大学の教職員の皆さんの労働環境、労働条件も以前とは変化せざるを得ない部分があります。
非正規の職員も大幅に増えています。

そのような難しい局面で、労働組合はどういう役割を果たすべきなのか。
どうすれば特に若い教職員に信用される組織でいられるのか。

答えが出るような問題ではありませんが、労働組合の皆さんと考えを巡らせた有意義な時間でした。

弁護士 佐渡島 啓

NHKを斬る

以前、数年にわたり原因不明の腹痛に悩まされていたことがある。
突然の腹痛で急きょ入院した近所の病院で、大鐘稔彦先生に出会った。
最初の診断で病名を確定してくださった。

その後、先生は淡路島の病院に移られた。
以来、年賀状などのやりとりをさせていただいている。

先生は、ペンネームを高山路爛という。
「孤高のメス」の作者である。
エホバの証人信者の無輸血手術を多数手がけられたことでも有名である。

そんな大鐘先生が、「NHKを斬る」を上梓された。
愛するがゆえに批判するのだという。髪の束ね方やらどうでもいいことかもしれないが、そのこだわりが興味深い。先生らしいなと思うのです。

弁護士 高木 太郎

じっと指を見る

働けど働けどわが暮らし、ということで、じっと手を見ていて思ったのですが、
最近は指紋認証がたくさん利用されていますね。
裁判でも、犯人特定のための重要な証拠とされることがあります。

でも、これって基本的に、同じ指紋の人はいない、指紋は個人差が大きい、というところから出発する話ですよね。

…本当かな。
指って、そんなにスペースないですよね。そして、人間は70億人以上の時代です。
本当にこの範囲で70億以上ものバリエーションを持たせられるのか…。

まあ、その他の事情や可能性も検討された上で、使用されているんでしょうが、盲目的に安全だと思うのは危険かもしれませんね。(なお、裁判でも、指紋の一致=犯人、などということにはなりません。)

じっと指を見る…

 

弁護士 竹内 和正