埼玉総合法律事務所

電話:048-862-0355
気まぐれスタッフ日誌

小さな背中と絵本

4歳の娘が、ここ最近、朝、保育園に行きたくないと登園渋りしていました。なんとか保育園に行っても、別れるときが大変で、泣いて離れません。
保育士の先生に連れられて、泣きながら教室に入っていく娘。小さな背中を見て、私も、なんとも苦しい気持ちになります。

先日、夜に「明日は保育園行かない」とグズグズ言う娘をなだめていたら、娘が泣きながらグズリではなく「気持ち」を話し出しました。
「もっと一緒にいたい。保育園が5回(=5日)、お休みが2回(=2日)なのが、嫌。
保育園のほうがずぅっと多いから、嫌。ママと離れるの寂しいから、嫌。エーン、エーン、エーン(大泣)」

ガーーーーーーーーーーーーン。
胸が痛い。

4月に年少から年中に進級して環境も変わる中、娘なりに頑張っていたのでしょう。
そういえば、最近は私も家事と仕事に追われて、娘と遊ぶ時間が少なかったな・・・。
ごめんね、ごめんね。

そんなとき、本屋で絵本『たからもののあなた』(著者・まつおりかこ/出版社・岩崎書店)を見つけました。ウサギの親子のお話です。
子ウサギがママと一緒にいられなくて寂しいと泣いてしまいますが、ママのウサギは、子ウサギに、離れている間もずっとあなたのことを考えているよ、大好きだよ、と伝えます。
早速、この本を娘と一緒に読みました。
読んでから、「ママも同じだよ」と伝えました。
娘は繰り返し、繰り返し、絵本を見ていました。その夜は、手を繋いで寝ました。

次の日以降、少しずつ、笑顔で保育園に行ける日も増えてきました。
娘は、ちょっとだけニコッとしてバイバイして教室に入っていきます。やっぱり小さな背中。
ママも、今日一日頑張るね。
帰ったら、家事は手抜きでいいや。その小さな背中をいっぱいなでなでして抱っこしてあげよう。

(事務局 E)

 

 

 

 

パンダに呼ばれて

ついにパンダのシャンシャンを見てきました。

昔(私が小さい頃)からパンダは上野にいました(というか中国から来ました)。
でも、上野動物園でパンダを見た記憶がありません。それに、パンダを見に行きたいと思ったこともたぶんなかったと思います。

ところがなぜか、シャンシャンは見たくて、混雑覚悟、意を決して4月に見に行ってきました。
「客寄せパンダ」なんて言葉があるくらい、パンダは人気者ですが、本当に客を呼んでいました。
入場券を買うまでが最も根気を要するところですが、あとは整理券をもらって、時間まで他の動物を見ていればいい。なかなかいいシステムだと思いました。

そして、いよいよ時間になり、ひとまとまりのグループで、ちょっとずつ、ずれながら、ちょっとだけ立ち止まって見ることができました。

来月には満1才を迎えるので、だいぶ大きくなったし、白い部分も薄黒い(ようなピンク色っぽいような)感じですが、
見に来た甲斐があると思わせる、なんとも愛くるしい姿で、癒やされました。

事務局T

 

心臓やぶりの坂とつくしんぼ

裁判所にむかって坂を上っていきます。坂だと感じない方もいるかも知れませんが、坂です。
元気に出発したはずなのに、やっぱり坂のおわりあたりで、ついつい「ふう~」と息をついてしまいます。
ふと植え込みに目をやると、ん・ん・ん?くをれわっ!
「つくしんぼ」がツンと出てました。

つくしんぼって、土手やあぜ道に生えるものだと思っていたので、
すごい発見のような気がして、思わず写真を撮ってしまいました。
スギナがおおい茂っているので、毎春ツクツク生えていたのかもしれないけど。それまで気づきませんでした。

今年の春は早く過ぎ去ってしまいましたが、その坂の先、検察庁の植え込みにはハルジオンがぐいぐと伸びて花を咲かせ、
今は、白いかわいい花をつけたドクダミでいっぱいです。

あ。地検に用があったんだっけ。

(事務局 松田)

 

伝統文化に寄席る・・・重い

ちょっとした勢いで、約2年前から三味線を習っています。ピアノなら初心者はバイエルから始めます。三味線も音を出すことから始める、そこは常識破り。初日から、三味線の音階を二上りに合わせ、「武田節」の演奏です。前奏の後は「甲斐の山々~」から終わりまで、3回目のお稽古では弾けるようになっています。歌も覚えます。先生からは「覚えが早い」とは言われますが、早いと上手は違います。上達は亀並みであることを、自分ではよくわかっています。

日本の文化といえば「落語」
6月から8月にかけて4回、3人会、独演会に行くことが決まっています。一緒に行く友人がいます。この道にいわば引きずり込んだ人です。
古典落語は噺家によって解釈が異なり、それぞれ味わいがあります。古典は好きですが、
私の推しメンならぬ、「推し落語家」は新作が得意です。その落語家の演目をきいてから、
コロッケそば、芋じゃないよ、粉だよ
2代目バルタン星人
マッシュルームの缶詰、ローリエの葉っぱ、デミグラスソースの缶詰
が頭から離れません。癒やしですね。

これでプロ野球のナイター試合を観に行けたら最高です。人格は変わりますけれど、ご容赦を。

事務局 N

 

 

華麗なる(?)ステップ

10数年前、ふとしたきっかけで社交ダンス(モダンとラテン)を始めました。
長い間やっている割にはなかなか上達せず、練習の時はダンスの先生に毎回のように怒られています。

皆さんの中には20年ほど前の役所広司主演の映画「シャル・ウィ・ダンス?」を見て興味を持たれた方もいらっしゃるのではないでしょうか。
余談ですが、この映画には当事務所の某弁護士の母親がエキストラとして少しだけ出演しています。さて誰でしょう?

一見すると華麗で情熱的ですが、終始姿勢を崩さず、普段使っていない筋肉を動かすのは結構大変です。
しかも男性がパートナーの女性をリードしなければいけません。阿吽の呼吸が大事です。
30分も踊ると疲れますが、健康維持とストレス解消のため今後も続けたいと思っています。

各地のダンス教室では地域の公民館などで初心者講習会を開催しているところがありますので、もし興味のある方は覗いてみてはいかがでしょう。
あなたも第二の役所広司・草刈民代になれるかもしれません。

事務局 小林

 

 

家族と過ごす昼休み

フランスなど一部ヨーロッパの国々では、お昼は自宅に戻って家族で食卓を囲むのが習慣として残っているそうです。
私もそれには及びませんが、時々家族と過ごすことがあります。

このところ、子どもが春休みでしたので、カフェで待ち合わせをして一緒に過ごしました。
あれこれ話しているとあっという間に時間が過ぎます。
本を読んだりSNSやブログを書いたり、会話のない時間もありますが、一緒にいるだけで充分リラックスできます。

ごく稀に、夫が突然目の前に現れてびっくりさせてくれることもあります。
普段お互い忙しくしているので、そんなときはゆっくり会話を楽しんでいます。

事務局 荻原

 

 

好奇心

感動・感謝 人間ってすごいなぁ、きれい

っとシルク・ドゥ・ソレイユのパフォーマンスを観るたび思うことです。
今回観に行ったのは『KURIOS』好奇心・骨董品の意味をこめた造語だそうです。
演目はシンプル。大道芸で一度は目にしたことがあるジャグリングやバランス芸、指の影絵・・・シンプルなのに全てが凄いんです!!!
身体一つの演技、筋肉、表情、息遣い、足音、ストーリー、ユーモア・・・引き込まれます。
驚いて、笑って、ワクワクして笑顔になる。

このようなエンターテイメントを観るたびに裏方さんの支えと信頼関係で舞台が成り立っているなぁと、
演目が終わった後の小物を片づけるスタッフさん、
演目に出ていながらもさりげなくユーモアを添えながら、小物を片づけつつ裏にはけていく演者、
休憩時間のステージ上で大がかりな準備をする黒子さんやキャストの方々、
その動きも目が離せない。何が始まる?どうなる?

AIの進歩やVR、デジタル化している現代も素敵ですが、人と人とが作り上げるものってすばらしいと思います。
毎回ドキドキする演目を観られたこと、それを提供し続ける大変さ、すべてに感動感謝の時間でした。

ライブもバレエもピアノソロコンサートも次回からは子供と一緒に♪

事務局 T

 

ご飯

 
我が家で8年位使っていた炊飯器が壊れてしまいました。
「そろそろ買い換えたいな~。でもまだ使えるし・・・」と思いながら洗っていたところ、次の日の夜、蓋の部品が取れてしまいました。(気持ちが伝わってしまったのでしょうか?)
取れてしまった部品をはめてみたのですが、ピッタリとははまらず、諦めて何を買おうかインターネットで調べはじめたのですが・・・

ふと、土鍋で炊いてみようと思い、次の日の朝、インターネットで調べたやり方で炊いてみました。
思っていたよりも短時間で、簡単に美味しいご飯が炊けました。
調べてみると、普通の鍋やフライパン、電子レンジでも簡単にご飯を炊く方法があるようなので、しばらくは炊飯器を買わずに色々試してみようと思います。
今の私のちょっとした楽しみです。

事務局 S

 
 

八甲田ロープウェー

 

2月の三連休に青森に行きました。
旅の一番の目的は八甲田山の樹氷を見ることでした。

初日、八甲田ロープウェーは運休していました。去年、紅葉シーズンの時も行ったのでわかるのですが、ものすごい強風が吹き抜けるのです。

2日目は辛うじて運行していました。チケットを買おうとしたら、「乗るのに1時間半待ちです。」と案内があり、帰りのバスの都合で泣く泣く諦めました。

樹氷は来年の楽しみとなりました。

事務局 M

 

氷の花

 

これはなんだかわかりますか。
私は一瞬、ビニール袋が落ちているのかと思ってしまいましたが、触ったら凍っていました。

霜柱だそうです。

普段見かける霜柱とは、かなり違いますが、
シモバシラ(シソ科、多年草)という植物の根から吸い上げられた水分が、
枯れた茎からしみ出し、冷たい外気に触れ、凍っていくことでできるのだそうです。

つまりシモバシラにできた霜柱です。
このような霜柱を「氷の花」とも言うようです。

こちらはまさに、花が咲いているようでした。

氷の花は、気温が氷点下、地中の水分が多い、雨や雪が降っていない、強風が吹いていないなど、さまざまな条件
が揃わないと見られないそうです。

山道から少し外れた所にあったので、教えてもらわないと、危うく見過ごすところでした。
自然がおりなす美しい芸術品を見られて、
勇気を出して、寒い中、出かけてみてよかったです。

改めて自然の素晴らしさを感じることができました。

事務局 A