埼玉総合法律事務所

電話:048-862-0355
気まぐれスタッフ日誌

風を感じられる介護

家庭内の高齢者虐待は、同居の子(とりわけ男)から受ける割合が高いと聞く。
戦前の家制度の名残か、昭和ひとけた生まれの女性にとって、長男が家長であり、親の面倒を見るとともに、親は長男には逆らわない。

84歳にもなれば白内障で、緑内障もあって、視力は衰えるばかりだ。家の中はいざりのように移動する。よだれは垂れ流しで、常に口の周囲がけいれんしている。インプラント手術の失敗だと、口腔外科で診断を受けた。

要介護3であるが、家族は母親の白内障の手術を拒否し、普通食は食べられず、入浴もままならず、ADLが自立しているとはいえない。在宅介護サービスは受けていない。他人との交流は遮断され、外出はできず、1日中、自宅にこもっているしかない。家族が拒否しているし、息子の許可なく支援を受けるのは、長男を絶対とする家制度にあっては許されないことと思っている。

高齢者虐待防止法により、虐待を受けている高齢者についての届出や、養護者の保護制度ができた。ただし表面化されない虐待は多い。
高齢者の意思を尊重し、必要な介護サービスを受け、ADLを維持しながら、QOLを向上させていく。

介護職員初任者研修では、高齢者の意思を尊重し、介助するにも言葉がけを怠らない。介護技術の前に、それに携わる上で、最も重要な心がけを学ぶのである。私も最初の授業で教わったことだ。
それは理想だし、そうあるべきだが、介護職員の労働条件は厳しく、離職率が高い。仕事にやりがいを感じていても、低賃金、長時間、変形労働では心身が持たないから辞めていく。

公園にはイチョウの木の下に、黄色い銀杏が、敷き詰められたように落ちている。
風がキンモクセイの香りを運んでくる。
虫の声も涼やかだ。
季節を肌身で感じることもなく、痛い、苦しい、だれも話しかけてくれない、まだ怒鳴られた、といっている間に時は流れていく。

これは高齢化が急速に進んでいる日本の、ほんの些細な現実に過ぎない。
福祉を学んだものにとって、狂おしいほどの現実、理想の福祉制度との乖離である。

事務局 長沢

働き方改革とクラウド

先日、所外のセミナーに参加させていただきました。
テーマは、「クラウド活用による働き方改革事例について」です。
講師は、サイボウズ株式会社の和田武訓さん。
実際にサイボウズ社で取り組まれている事例をもとに、講演されました。

印象的だったのは、情報共有が日常的にタイムリーにおこなわれていること。

例えば、ガルーンの掲示板を利用して、個々人が日報を毎日アップしていたり、
その日報の中身が3項目あって、
◎今日やったこと ◎明日の予定 ◎所感
「所感」は、数行程度の雑感的な内容のようでしたが、
そういう部分まで共有しているなんて、おもしろいなと思いました。

さらには、キントーンのスペースを利用して、
今おこなっている業務をタイムリーに周囲に知らせたり、
その内容に知見のあるスタッフがアドバイスしたりと、
ワークスペースが、クラウド上に存在していて、
これにより、在宅ワークなど多様な働き方が成り立つそうです。

そのほか、会議の持ち方や人事制度など、参考になるお話が満載でした。

場所や時間を越えていつでも働けるだけに、働き過ぎにならないのかな。
その辺のお話も、ちょっと聞いてみたいなと思いました。

事務局 荻原

避難方法

「物陰に身を隠す」北ミサイル避難方法を何気につけていたTVで見ました。小学生の子供が通学の為家を出た後でした。

「屋外スピーカーなどから国民保護サイレンと緊急情報が流れる」
「屋外では頑丈な建物や地下に避難」
「近くに建物がなければ、物陰に身を隠すか、地面に伏せて頭部を守る」

真っ先に浮かんだのは通学中の子供のこと。
交差点や交通量の多いところには旗当番の大人や交通安全ボランティアの方がいるが、それ以外は小学生だけで登校です。
ミサイル発射時間帯をこちらで指定できるわけがないのに。

一体何を言っているのでしょう。そんなもので、安全が守れるはずはないのはわかりきっていること。“危機感”をあおってどうするのでしょう。
ミサイルが飛んでこないような外交努力をすることこそが政府の責務と思います。

 

事務局 T

 

 

 

とーんとくる

地下鉄に面白い車内広告がありました。
いなせな江戸言葉を紹介している「お江戸バイリンガル」です。

大木を斧で切っている男性のイラストの脇に、
とーんとくる
と書いてあります。

江戸では一瞬で恋におちた時、その瞬間の音を表して、
「とーんとくる」と言ったそうです。
現代で言えば、キュンとする、といった感じでしょうか。

女性のふとした可愛らしい仕草を見て、
男性の意外な一面を垣間見たときなどに、「とーんとくる」、
と使っていたようです。

最後には、「あなたは最近とーんとくることありますか。」
という文章で終わっていました。

また反対側には、電車内で内転筋を鍛えるトレーニング方もありました。
直ぐにできそうなので、車内でこっそりと実践してみましたが、
これが結構効きました。

また地下鉄に乗るのが楽しみになりました。

事務局 A

運動会

先週の土曜日、子どもの小学校の運動会でした。
前の晩から早朝まで雨が降っており天気が心配でしたが、当日は朝から天気も回復し、風が心地よい運動会日和となりました。

我が子の姿を撮ろうと、私はビデオ、夫はカメラを準備して行ったのですが、みんな同じ体操服を着ていて、我が子がなかなか見つかりません!
徒競走で1位になったらしいのですが、撮影できませんでした・・・

年のせいか、子ども達の一生懸命な姿を見るだけで、涙が出てきてしまいます。
1歳から保育園にお世話になり、これまで親として大した教育もしてこなかったのですが、先生方やお友達、上級生に本当に良くして頂いたお陰で、成長した我が子をみて、周りの方々に感謝しなくてはと改めて思った一日でした。

事務局 S

母の日のカード

今年の母の日は、母と祖母にそれぞれカーネーションのカードとプレゼントを送りました。

文房具売り場には、母の日用のカードコーナーが特設してありました。
その中に『おばあちゃん、いつもありがとう』と書かれた祖母宛専用カードがいくつかあり、とても驚きました。

カードを何気なく見ていたら、自然と祖母の顔が浮かび、気付いたらカードを持ってレジへ向かっていました。

店員さんに聞いたところ、祖母宛専用カードは数年前から置かれるようになり、売り上げも好調とのことでした。

時代と共に文字を書いてカードを送ることは減少しているようですが、最近のカードは進化しているな。と感心しつつ、これが父の日になったら祖父宛専用カードはあるのだろうかとふと疑問がわきました。
父の日用のカードコーナーが特設された際には、偵察へ行ってみようと思います。

事務局O

食育実践プランナー

 
 
「おいしい」
の仕組みについて知りたくなり、【食育実践プランナー】という講座を昨年受講しました。
 
 
この講座では、食育の基礎知識や、日本食の文化、マナー、
食材選び、味の組み立て方など、盛りだくさんな内容について学ぶことができます。
(食育:食を通して、健康的な生活を送る力を育むこと)
 
難しい内容ではなく、普段の食生活につながる内容のため、
ふむふむ、なるほどなるほど、と最後まで楽しく受講できました。
 
 
あとは得た知識を、実生活に取り入れるだけ・・・(これがなかなか難しい)
まずはカップラーメンやポテトチップスを食べる回数を減らさなくては・・・。
 
 
 
グルメ(美食家)にはなれないけど、グルマン(食いしん坊)はグルマンなりに
少しずつ健康的な食生活にシフトチェンジしていきます。
 
 
 
事務局 深井
 
 

 
 

「いのちの森 高江」を見て

先日、沖縄の東村高江を題材にしたドキュメンタリー映画「いのちの森 高江」を見る機会がありました。

高江は沖縄本島の北東に位置し、深い森(「やんばる」と呼ばれています)に囲まれた、人口150名ほどの小さな集落です。
そこへ、集落を囲むように6つのヘリパッド(ヘリコプター着陸帯)が建設されようとしており、現在は2カ所が完成・4カ所が工事中です。

何故、ヘリパッド建設に反対するのか・・高江に住む住民の苦労が描かれています。

やんばるの森には、絶滅危惧種や天然記念物・固有種が多く生息しており、木々を切り倒すことでその生態系が壊れてしまう可能性があるのです。
チョウ類研究者の女性は
「木にはたくさんの役割があり、沢山の生き物の棲み処とエサを与えている。」
「木を切ることは、その木を頼って生きるはずだった昆虫たちや未来に生存するはずだった生き物たちのいのちを奪うことになる」
「壊すのは簡単だけれど、元に戻すのは難しい。」と語っています。

また、森を切り開くことによる自然・環境破壊のほかにも、オスプレイの騒音・低周波による人体への影響も懸念されており、高江に住むある女性は頭痛がひどく1時間は症状が消えないそうです。

驚くほど低空を飛ぶオスプレイに、墜落するのではないかと怯え、騒音で眠れぬ日々が続き、更には低周波による体調不良に悩まされる日々。
そんな環境では子供にも良くないと、子どもを連れ隣村に避難し、家族が離れ離れで暮らしている家も少なくありません。
今後、ヘリパッドが全て完成すると、年間4000回もの訓練が実施されます。
今よりも状況が悪化することは目に見えており、高江の住民はもう高江に住めなくなってしまうと不安をかかえ、それでもどうにか自分たちの家・森を守ろうと毎日奮闘しています。

自分の家・故郷が同じようになくなってしまうとしたらどうするだろう。
毎日騒音で眠れなかったら。
悲しい、ツライ・・・でも、同じように声を上げることは出来るのだろうか。
色々なことを考えさせられます。

事務局H

「さくらねこ」を知っていますか?

1年間に殺処分される猫の数は、約7万匹です。

1匹のメス猫は年に3回出産し、1回に約5匹の子猫を産みます。合計して1年で15匹です。
生まれた子猫が孫猫を生み、さらにその孫猫がひ孫猫を産んだら…あっという間に50匹以上に増えてしまいます。

人間社会の片隅で生きているノラ猫たち、何の罪もない命が殺処分という不幸な最期を迎えないためには、不妊手術を実施し、これ以上増やさない必要があります。

その実現のために、「さくらねこ」活動があります。
ノラ猫を捕獲し、不妊手術を行い、その目印として耳先をさくらの花びらのような形にカットして元の縄張りに戻し、その一代限りの命を地域で優しく見守っていこうというものです。

耳カットは、不妊手術の麻酔が効いている間にするので痛みもなく、出血もほとんどありません。

もし、どこかで耳先がカットされた猫を見かけたら、
「この猫は不妊手術がしてあるんだな。この辺の優しい方々が、世話をちゃんとしてあげている地域なんだな。」
と思って下さい。

そのような活動もあり、猫の殺処分数は、10年前と比べ、3分の1に減りましたが、まだまだ膨大な数です。
まずは、このような現状と、「さくらねこ」活動を知ることが不幸な猫を減らすことには大切なのだと思います。

1日でも早く殺処分がゼロになりますように・・・

 

事務局 山本