埼玉総合法律事務所

電話:048-862-0355
お知らせ

8/19 貧困ビジネスを正す!―無料低額宿泊所ユニティー事件判決報告―

 名古屋市で開催される講演会「貧困ビジネスを正す!―無料低額宿泊所ユニティー事件判決報告―」のご案内です。どなたでも参加できます。

【講師】 猪股 正 氏 (弁護士、埼玉弁護士会)
     小林哲彦 氏 (弁護士、埼玉弁護士会)
     ユニティー事件原告

 2011年5月30日に提訴した無料低額宿泊所ユニティーに対する訴訟について、2017年3月1日にさいたま地裁で判決の言い渡しがあり、原告である施設の元入所者の請求が認容されました。
 判決は「生活保護法の趣旨に反し、その違法性は高い」「最低限度の生活を営む利益を侵害したものとして不法行為が成立する」として、損害賠償や支払った利用料の総額約1580万円の返還を命じる内容でした。貧困ビジネスについて、生活保護法や社会福祉法の趣旨に反することを正面から認め、貧困ビジネスの蔓延に歯止めをかける画期的判決です。
 この訴訟の代理人と当事者ご本人による研修です。貴重な機会ですので、ふるってご参加ください。

【日時】 2017年8月19日(土)午後5時30分~
【場所】 愛知県司法書士会館 2階ホール
     名古屋市熱田区新尾頭一丁目12番3号

【主催】 東海生活保護利用支援ネットワーク
【共催】 居住福祉ネットワーク東海

*お問い合わせ 052-916-5080 水谷司法書士事務所
*この事業はあいちモリコロ基金の助成金を受けています。

*チラシは→こちら

 

9/3 首都圏生活保護支援法律家ネットワーク10周年集会のご案内

首都圏生活保護支援法律家ネットワークの設立10周年集会のご案内です。
パネルでは、利根川、立川、小田原の3事件から生活保護の現状を考え、今後の取組について考えます。是非、ご参加ください。

【日時】2017年9月3日(日)13時30分~16時30分
【場所】ハロー会議室東京駅前ビル9階
    東京都中央区八重洲2-1-5
   (JR東京駅徒歩1分、八重洲地下街26番出口直結)
    https://www.hello-mr.net/detail/?obj=68

【内容】
1 当事者報告
2 各地の生活保護支援ネットからの報告
3 パネルディスカッション
 ⑴ テーマ
   「利根川心中・立川自殺・小田原ジャンパー事件 ~3つの事件から見える
   生活保護の現状と生活保護支援ネットワークの今後の取組~」
 ⑵ パネリスト等
   寺久保光良さん(ジャーナリスト、利根川心中事件調査団)
   宇都宮健児さん(弁護士、立川市生活保護廃止自殺事件調査団共同代表)
   和久井みちるさん(元生活保護利用者、小田原市生活保護のあり方検討会委員)
   太田伸二さん(弁護士、東北生活保護利用支援ネットワーク事務局次長)
   コーディネーター:森川清(弁護士、当ネットワーク事務局長)

【参加費】1,000円(経済的に困難な方は無料)、事前申込不要
【主催】首都圏生活保護支援法律家ネットワーク
【問い合わせ先】森川清法律事務所 電話 03ー6913ー4650

 首都圏生活保護支援法律家ネットワークの活動は、今年で満10年を迎えました。この10年で、生活保護支援の輪は全国的にめざましく広がりましたが、生活保護を利用することへの理不尽な圧力は増しているように見えます。これまでの歩みを振り返るとともに、生活保護制度運用の現状と支援ネットワークのこれからの取 組について、みんなで考える日にしたいと思います。

チラシのダウンロードは → こちら

6/27(火)弁護士会主催・「共謀罪にレッドカード」in熊谷が開催されます

共謀罪にレッドカードin熊谷 共謀罪に反対する市民集会が開催されます。
是非、ご参加下さい!

 

日時:平成29年6月27日(火)18時開場(18時15分開会)

会場:熊谷市立文化センター文化会館(←クリックすると地図が出ます。)

1 インタビュー講演
<作家>雨宮処凛さん
<インタビュアー> 弁護士 吉廣 慶子

2 映画上映
「シチズンフォー スノーデンの暴露」

※入場無料(事前申込不要) 映画も無料!!

 

主催 埼玉弁護士会
お問い合わせ:048-863-5255

 

 

チラシはこちら⇒6月27日(火)弁護士会主催・「共謀罪にレッドカード」in熊谷

共謀罪 平成の治安維持法-1933年、治安維持法により弾圧された当事務所の為成養之助弁護士

当事務所に在籍していた為成養之助弁護士(享年92歳)は、長崎地裁の裁判官時代、出版物の購読などを行う文化サークルに入っていたところ、当局による市民監視が先鋭化する中で、1933年2月下旬、治安維持法違反容疑で身柄を拘束され懲役5年(控訴審で懲役3年に減刑)の実刑判決を受けました。当時、各地の裁判官や裁判所職員が、治安維持法により摘発され弾圧されました。プロレタリア文学の代表作とされる「蟹工船」の著者、小林多喜二が特高警察によって検挙され、警視庁築地署で、拷問、虐殺されたのも1933年2月のことです。
戦後、為成さんは、法曹資格を回復し、当事務所で弁護士として活躍しました。当事務所の同僚だった村井勝美弁護士は、長崎新聞の取材に応え「『共謀罪』は、平成の治安維持法。信念に従って行動しても、警察に逮捕されるような、そんな暗黒の時代がまたやって来る。」と述べています。
6月15日、共謀罪(改正組織的犯罪処罰法)が、与党の強行採決により可決、成立しましたが、暗黒の時代へと逆戻りさせる共謀罪を、市民の力で、撤廃させる取組を続けていく必要があります。ご協力ください。

【為成弁護士についてはこちらをご覧下さい。】

 

長崎新聞 2017年(平成29年)6月11日(日)付
 弾圧受けた為成・元長崎地裁判事 
 「共謀罪 平成の治安維持法」
 

7/26 暉峻淑子さん特別講演「生活者の財政へ -格差社会を超える『対話の力』-」のご案内

新著「対話する社会へ」(岩波新書)を出された暉峻淑子さんの特別講演が開催されます。
公正な税制を求める市民連絡会主催の学習会第10回特別企画です。

日時:2017年7月26日(水)18時30分~20時30分
場所:主婦会館プラザエフ地下1階・クラルテ(JR四ツ谷駅麹町口前・徒歩1分)
講師:暉峻淑子さん(埼玉大学名誉教授。著書「対話する社会へ」岩波新書ほか多数)
テーマ:「生活者の財政へ -格差社会を超える『対話の力』-」

内容:能力に応じてみなでお金を出し合い、生活の土台を支える「共有財産」を作っておくこと、それが税金の本来の目的のはずです。ところが、政府は、大企業や富裕層に大きな減税をする一方、庶民に対しては増税と社会保障の削減を行いました。そのため、自己負担に耐えきれない私たちの生活と社会は破壊されつつあります。この流れは、今後いっそう強まるでしょう。
国の財政は、私たちが政府に預けたお金であり、病気や失業などに備え、前もって収入の一部を共同で積み立てておいて、いざというときにその積立金を使って、お互いを助け合うためのものです。
暉峻さんは、格差を助長する国家システム-税と社会保障の問題を指摘され続け、共有する社会システム(社会保障制度や社会資本など)について、税や保険料の拠出者である私たち市民が互いに話し合い政府に異議申し立てと提案をする「討議デモクラシー」の重要性を指摘してきました。
この学習会において社会の分断・対立や格差社会を超えて、生活者の財政を構築し、公正な社会を実現するために、私たちひとりひとりができることを、一緒に考えてみませんか。

資料代:1000円(経済的に困難な方は無料)
*事前予約不要
*チラシのダウンロードは→ こちら

事務局連絡先 弁護士 猪股正
さいたま市浦和区岸町7-12-1東和ビル4階 埼玉総合法律事務所 ℡048-862-0355 fax048-866-0425

6/7(水)、6/9(金)、6/13(火)弁護士会主催・共謀罪に反対する市民集会が開催されます

5月23日の衆院本会議において、いわゆる共謀罪法案が可決されました。 共謀罪が制定されると、国民の知る権利が侵害される危険が高まるだけでなく、表現活動、集会・結社の自由が脅かされ、民主主義の根幹が揺るぎかねません。

なにより刑事司法との関係で、構成要件が不明確であり罪刑法定主義に抵触する本法案の制定によって、人質司法の一層の強化が非常に懸念されます。

当会では5月23日の定時総会において全会一致で、「共謀罪創設に反対する総会決議」が承認・可決されました。これを受け、このたび下記の通り、急遽、3つの共謀罪に反対する市民集会を開催いたします。

 

共謀罪の成立を断固阻止するため、 是非とも一人でも多くのみなさまのご参加をお願いいたします。

 

① 6月7日共謀罪に反対する市民集会(川越)

講演:雨宮処凛さん(作家)

日時:平成29年6月7日(水)午後7時開演(午後6時30分開場)

会場:ウェスタ川越1F 多目的ホール(←クリックすると地図が出ます。)

※入場無料(事前申込不要)

 

② 6月9日共謀罪に反対する市民集会(浦和)

講演:加藤健次弁護士(第二東京弁護士会、衆議院法務委員会参考人)

日時:平成29年6月9日(金)午後7時開演(午後6時30分開場)

会場:浦和コミュニティセンター多目的ホール(←クリックすると地図が出ます。)

※入場無料(事前申込不要)

 

③ 6月13日共謀罪に反対する市民集会(越谷)

講演:木村草太さん(首都大学東京教授)、雨宮処凛さん(作家)

日時:平成29年6月13日(火)午後6時30分開演(午後6時開場)

会場:越谷コミュニティセンター小ホール(←クリックすると地図が出ます。)

※入場無料(事前申込不要)

 

 

主催:埼玉弁護士会

 

 

チラシはこちら⇒①6月7日共謀罪に反対する市民集会 ②6月9日共謀罪に反対する市民集会 ③6月13日共謀罪に反対する市民集会