埼玉総合法律事務所

電話:048-862-0355
お知らせ

10/23 スウェーデン学習会Part3(講師:両角達平さん)

反貧困ネットワーク埼玉講演会2018
「若者が活躍するスウェーデン社会~若者参加を支える思想と政策」
講師:両角達平さん(文教大学研究員、駒澤大学非常勤講師)
プロフィールは→ こちら

◆日時 10月23日(火)18:30~
◆場所 埼玉総合法律事務所 3階大会議室
JR「浦和駅」西口より徒歩約10分
アクセス→http://saitamasogo.jp/access
事前予約不要・参加費無料

スウェーデンの若者の投票率80%以上(日本は30%台)。スウェーデンでは,若者政策の目標や理念を定め,青年期それ自体に価値を認め,若者の多様性や影響力,若者が民主主義と社会連帯の担い手となることが重視されています。教育の場では,民主主義の基本的価値が子どもたちに教えられ,学校選挙,余暇活動施設などを通じて民主主義を若年段階から体感する仕組があります。こうして育まれた民主主義と連帯が福祉国家の基盤となっています。
ストックホルム大学で学び、スウェーデンの多数の団体の訪問調査を重ねられた両角達平さんに、スウェーデンの若者政策について、お話いただきます。

なお、当日は講演会のあとに同じ会場で反貧困ネットワーク埼玉の10月定例会を開催いたします。当団体での活動に興味ある方はこちらも参加することは可能ですのでご検討くださいませ。
当日の進行予定

◆18:30~19:30 講演会
◆19:30~20:00 質疑応答
◆20:10頃~ 定例会

【書籍】『外国人技能実習生 法的支援マニュアル ー今後の外国人労働者受入れ制度と人権侵害の回復ー』出版のお知らせ


当事務所の鈴木満弁護士が共著した『外国人技能実習生 法的支援マニュアル ー今後の外国人労働者受入れ制度と人権侵害の回復ー』(明石書店)が出版されました。

技能実習生に労働に関する相談を受けた場合、何を聞き取り、どのように対処したらよいのかなどが記載されています。
わかりやすいような言葉を使うように意識して書かれていますので法律の専門家でない方にも利用しやすい一冊となっています。

主に、技能実習生の支援を目的に作成されましたが、技能実習生に限らず外国人の支援をしている方でもお使いいただけます。

是非ご一読ください。

インターネットからの購入はこちらから(明石書店ホームページ)

『外国人技能実習生 法的支援マニュアル
 ー今後の外国人労働者受入れ制度と人権侵害の回復ー』 
 外国人技能実習生問題弁護士連絡会 編 (鈴木 満 共著)

技能実習生に対する人権侵害がメディアでも取り上げられるようになりましたが、このような人権侵害は何年も前から続いていました。

この本では、技能実習生に対する法的支援についてだけでなく、技能実習生に対する人権侵害の事実がメディアに取り上げられる以前から技能実習生の権利救済のために尽力してきた弁護士が実際に取り組んだ事件についても記載されています。

技能実習制度の現実を知っていただくためにも、幅広い方にお読みいただきたく思います。

9/18 反貧困ネットワーク埼玉・スウェーデン学習会Part2

反貧困ネットワーク埼玉講演会2018
「理想郷!?弁護士がみたスウェーデンのいま」
講師:猪股正さん(弁護士)
▶講演関連記事「遠回りくらいがちょうどいい」

◆日時 9月18日(火)18:30~
◆場所 埼玉総合法律事務所 3階大会議室
JR「浦和駅」西口より徒歩約10分
アクセス→http://saitamasogo.jp/access
事前予約不要・参加費無料

スウェーデンでは子どものころから自分たちで意見を出し合い、徹底的に議論し、みんなで決めることが当たり前。
民主主義が、受益も負担も分かち合い、支え合う社会を根本から支えています。

法律や制度も民主主義を支える仕組みとして機能しています。猪股弁護士が真面目に、真剣に、法律家として見てきたスウェーデンの現状を語ります。

なお、イベント当日は講演会のあとに同じ会場で反貧困ネットワーク埼玉の9月定例会を開催いたします。当団体での活動に興味ある方はこちらも参加することは可能ですのでご検討くださいませ。
当日の進行予定

◆18:30~19:30 講演会
◆19:30~20:00 質疑応答
◆20:10頃~ 定例会

9/15(土)第61回日本弁護士連合会人権擁護大会プレシンポジウム 「多文化共生のために~教育の現場から~」

日本で暮らす外国籍の方の数は、現在250万人を超えています。

埼玉県内には約17万人の外国籍の方が暮らしており、その数は全国で第5位です。そして、そのなかには、たくさんの子どもがいます。また、日本国籍であっても、外国で生まれ育った子どももいます。外国籍の子どもや、外国で生まれ育った「外国につながりのある子ども」は、学校、進学、地域社会、家庭において、言葉、外見、文化の違いに起因する様々な苦難に直面することもあります。

今回のシンポジウムでは、埼玉で暮らす「外国につながりのある子ども」にスポットを当て、教育現場における課題や支援のあり方を広く市民の方々に知っていただき、望ましい支援、施策について、考える場としたいと思います。

 

◆基調報告
磯田三津子氏(埼玉大学準教授)
外国につながりのある子どもたちをめぐる学校教育の現状と課題
-埼玉県における外国人児童生徒教育の今後を考える-

◆パネルディスカッション
磯田三津子氏(埼玉大学準教授)
芳賀洋子氏(あそび舎てんきりん代表)
当事者の方

◆日時
2018年9月15日(土)14時開始(13時30分開場)

◆会場
埼玉会館3階3C会議室クリックすると地図が出ます。

◆参加費
無料・申し込み不要

◆主催
埼玉弁護士会

◆共催
日本弁護士連合会
関東弁護士連合会

◆お問い合わせ
埼玉弁護士会 048-863-5255

 

ちらしはこちら⇒プレシンポジウム 多文化共生のために

10/4 日弁連第61回人権擁護大会・シンポジウムのご案内

10月4日(木)12時30分~青森にて、日弁連の第61回人権擁護大会が開催されます。

当事務所からは、鈴木満弁護士が、第1分科会「外国人労働者100万人時代」の日本の未来~人権保障に適った外国人受入れ制度と多文化共生社会の確立を目指して~」、猪股正弁護士が、第3分科会「日本の社会保障の崩壊と再生-若者に未来を-」の実行委員として、それぞれ準備を担当しています。

第1分科会の登壇者については、下記チラシをご覧ください。
第3分科会には、パネリストとして、井手英策さん(慶応義塾大学経済学部教授)、後藤道夫さん(都留文科大学名誉教授)、諏訪原健さん(元 SEALDs メンバー)、本田由紀さん(東京大学大学院教育学研究科教授)が登壇され、若者の生きづらさをテーマに、社会保障や財政の問題を議論されます。、

青森での開催ですが、日弁連内最大の行事であり、充実した講演、パネルディスカッションなどが行われますので、是非、ご参加ください。

詳細は、→ 日弁連ホームページ

9月から日曜相談が始まります

9月から日曜相談有料(30分5,400円)にて始めます。
ご予約はお電話にて受け付けておりますので、お気軽にお問い合わせください。
相談時間:10:00~、11:00~、13:00~、14:00~
相談料金:30分5,400円(税込み)
ご予約のお電話はこちらまで。
048-862-0355

8月の営業時間のお知らせ

8月の営業時間のお知らせをいたします。

平日  9:00~17:00
土曜日 9:00~15:00

皆様方にはご迷惑をお掛けいたしますが、ご理解の程、何卒よろしくお願い申し上げます。

メール送受信エラーのお知らせとお詫び

平素は格別のご愛顧を賜り、誠に有難うございます。

現在、当事務所が利用しているシステム・サーバーエラーによるメールの送受信障害が発生しており、メールの送受信が一切できない状態となっております。

復旧次第、いただいたメールに関しては順次対応してまいりますが、お急ぎのお問い合わせなどございましたら、
お手数をおかけいたしますが、お電話にてお問い合わせくださいませ。

皆様方には大変ご迷惑をおかけしましたことを深くお詫び申し上げます。

今後ともどうぞよろしくお願い申し上げます。

 

6/22 (金)シンポジウム「若者・子どもの社会保障を考える~分断社会を終わらせる『だれもが受益者』という戦略~」

福岡県弁護士会が主催する、日本弁護士連合会第61回人権擁護大会プレシンポジウムです。
財政学者の井手英策さん(慶応大学)の基調講演。当事務所の弁護士猪股正も報告者として登壇します。
詳細は、福岡県弁護士会のホームページをご覧ください。

【開催概要】
◆日 時 2018年6月22日(金)17:30~20:00
◆場 所 天神ビル11階10号会議室←クリックすると地図が出ます。
◆プログラム
1 基調講演 井手 英策 教授(慶應義塾大学経済学部教授)
2 基調報告 猪股 正 弁護士(日弁連貧困問題対策本部副本部長,埼玉弁護士会)
3 パネルディスカッション
パネリスト:井手 英策 教授,猪股 正 弁護士
コーディネーター:星野圭 弁護士(福岡県弁護士会)
◆参加費 無料
◆予 約 不要
◆主 催 福岡県弁護士会
◆共 催 日本弁護士連合会
◆お問い合わせ先
福岡県弁護士会 生存権擁護・支援対策本部
TEL 092-741-6416

ちらしはこちら⇒シンポジウム「若者・子どもの社会保障を考える~分断社会を終わらせる『だれもが受益者』という戦略~」

6/29(金)心、おだやかな日々、子らへ、手渡すための第8回報告&意見交換の集い@所沢・「廃棄、隠ぺいの『自衛隊日報』から考える」学習会

心、おだやかな日々、子らへ、手渡すための第8回報告&意見交換の集い@所沢にて学習会「廃棄、隠ぺいの『自衛隊日報』から考える」が開催されます。
講師は、当事務所の伊須慎一郎弁護士です。
是非ご参加ください。

激動の地球でこころおだやかさ、どうバトンタッチできる!

 

廃棄、隠ぺいの「自衛隊日報」から考える

◆講師
伊須慎一郎弁護士
安保法制違憲訴訟埼玉弁護団・事務局長

◆日時
2018年6月29日(金)18:00~20:30

◆会場
新所沢公民館 学習室1号クリックすると地図が出ます。
西武新宿線 新所沢駅徒歩8分

◆参加費(資料代)
500円

◆主催
西埼玉違憲訴訟のつどい実行委員会

◆共催
安保法制違憲訴訟埼玉の会

◆お問い合わせ
西埼玉違憲訴訟のつどい実行委員会
鴨川(090-4392-9071)、門坂(080-3086-6700)、稲津(04-2939-5467)
小牧(080-5544-0714)、立川(090-2635-8840)、沼尾(080-1101-8072)

ちらしはこちら⇒心、おだやかな日々、子らへ、手渡すための第8回報告&意見交換の集い@所沢・ 『廃棄、隠ぺいの「自衛隊日報」から考える』学習会