埼玉総合法律事務所

電話:048-862-0355
消費者問題

消費者問題の相談と解決事例

当事務所で実際に消費者問題のご相談にいらしていた方の解決事例です。悩まずに、いつでもお気軽にご相談ください。消費者問題は弁護士に相談することによって、解決できる場合があります。希望を失わず、早めに専門家に相談することが大切です。
以下では、埼玉総合法律事務所の弁護士がご相談を受けた事例を参考に、解決事例をご紹介します。

  • 【相談】
    出会い系サイトでメールのやりとりをしている人から、連絡先を交換してくれたら3000万円を贈与すると言われました。
    その後、出会い系サイトから、メール相手と連絡先を交換したいのであれば、連絡先交換費用を支払うよう請求され、連絡先交換費用として出会い系サイトに電子マネーで総額500万円を支払いました。
    しかし、出会い系サイトから言われた連絡先交換のためのパスワードを何度入力してもメール相手と連絡先の交換ができません。
    その他にも連絡先交換費用として10社以上のクレジットカードで100万円以上決済してしまって、今もクレジットカード会社から請求が来ます。
    このままでは破産するしかありません。どうしたらいいのでしょうか。

  • bengoshi02【解決】
    ご相談の内容は詐欺と疑われるケースです。
    まず、電子マネー利用分については、電子マネーの支払先を調査し、出会い系サイト業者に対して、詐欺を理由に返金を求める内容証明を送り、交渉を始めました。
    また、クレジットカード会社や決済代行会社に対しても、請求の停止と決済の取消を求める交渉を行いました。
    結果として、クレジットカード利用分についてはすぐに全額が取り消され、支払った500万円についても裁判をすることなく早期に全額の返金を受けることができました。

  • 【相談】
    70代の母のところに、投資事業組合と名乗る者から連絡があり、「紹介するファンドに出資すれば、必ず毎月数%の配当が得られる。」と勧誘がありました。
    高齢かつ投資経験のない母はよくわからないまま、投資事業組と名乗る者に対して匿名組合への出資金として数百万円を支払ってしまいました。
    投資事業組合からお金を返してもらいたいのですが、どうしたらいいのでしょうか。

  • bengoshi02【解決】
    必ず、配当を約束できるファンドなどないのですから、詐欺の可能性がある相談でした。
    また、高齢かつ投資経験のないお母様に対して契約内容の説明もなく、説明義務違反の疑われる相談でした。
    ただ、一方で、被害に遭ってから時間が経っていました。このような詐欺的投資被害を行う事業者は利益を得た後に連絡が取れなくなり被害回復が難しくなるため、早めの対応が必要な事案でした。
    そこで、まず、すぐさま返金交渉をするために投資事業組合の本店所在地を訪れましたが、関係者はいませんでした。
    次に、投資事業組合の本店所在地宛に内容証明を送り返金を求めたところ、交渉が始まりました。
    結果として、ご相談から2ヶ月ほどで、早期の返金を受けることができました。

消費者問題 -商品トラブル・詐欺被害のお悩み-

現在は、消費者事件が野放しにされている状態です。特に詐欺事件は本当に多く、1つの詐欺の類型が沈静化したと思ったら、手を変え品をかえて、また新たな詐欺被害がうまれていきます。
被害に遭われた皆さんからは、相談の際に「私が馬鹿だったから。」、「欲をかいてしまった自分が悪い。」というお話しをよく聞きます。
しかし、悪いのは100%騙してきた詐欺業者です。本当に詐欺の手口は巧妙で、誰でもタイミングさえ悪ければ詐欺の被害に遭ってしまう可能性があります。
消費者事件の解決の方法は、事件それぞれに異なります。「何か、おかしい。」と思ったら、まずはご連絡下さい。
ご相談が早ければ早いほど解決の可能性が高まります。

1 出会い系(サクラサイト)詐欺被害事件
2 詐欺的投資被害事件
3 パチンコ打ち子詐欺被害事件
4 競馬必勝法詐欺被害事件
5 ロト6詐欺被害事件
6 消費者問題の相談と解決事例 -具体的な事例を参考に-

1 出会い系(サクラサイト)詐欺被害事件

出会い系(サクラサイト)詐欺とは、サイト業者に雇われたサクラが異性、タレント、社長、弁護士、占い師などのキャラクターになりすまして、消費者のさまざまな気持ちを利用して、サイトに誘導し、メール交換等の有料サービスを利用させ、そのたびに支払いを続けさせるサイトを用いた詐欺のことをいいます。

サクラを用いて,有名人を名乗ったり、気を持たせたりデートなどをほのめかしつつ、メッセージのやりとりを継続させて、利用料を支払わせる『出会えない型』や精神的に病んでいる、余命わずかであるなどの文句により、利用者を同情させてやりとりを継続させ、利用料を支払わせる『同情型』、高額な配当金、懸賞金、支援金を謳い文句にし、支払手続に費用が必要であるとの名目で金員を支払わせる『利益誘引型』、東日本大震災などの被災者を装って出会い系サイトに誘導して、サイト内でやりとりさせて金員を支払わせるという『震災型』などの手口があります。

2 詐欺的投資被害事件

投資被害とは、一般的に金融商品を購入したことによって生じる被害のことを言いますが、昨今では、金融商品まがいないし金融商品に仮託して行われる詐欺ないし詐欺まがいの商法によって被る、数多くの詐欺的投資被害が発生しています。

高齢者の自宅に、突然社債や未公開株の販売を謳ったパンフレットが送られ、その後タイミングを見計らったかのように、パンフレットに記載されている業者とは別の業者から「○○社のパンフレットが届いていませんか。」「○○社のパンフレットは埼玉県在住の49名にしか配布されていない。」「○○社はとても素晴らしい会社です。」「○○社のパンフレットに記載されている社債(他に未公開株、信託受益権、CO2排出権、不動産賃借権等の場合もあります。)は将来すごい価値になる。弊社も欲しいのですが、パンフレットが送られてきた人しか買えない。弊社の代わりに購入してほしい。代わりに購入してくれれば、購入価格の2倍で買い取る。」などという電話がかかってきます。

被害者はその電話を真実であると誤信し、パンフレットに記載されている電話番号に電話をし、購入すると伝えてしまい、お金を相手方に交付するが、結局、買い取ってくれるといった業者とは連絡がつかなくなり、また、社債を販売している会社とも連絡が取れなくなり、残るのは紙切れ同然の社債券等のみという被害が多いです。

3 パチンコ打ち子詐欺被害事件

パチンコ打ち子詐欺とは、パチンコ店で出ているように見せかける「サクラ」の派遣組織があるとした上で、そのサクラ(=打ち子)になれますよといって、保証料等をだまし取る詐欺です。

「あなたが信用に足りる人かどうか確認するために、保証料として★万円を支払ってください。大丈夫、数回仕事をしてくれたらお返しします。」などと言ってお金を払わせ、被害者の居住エリアを聞いた上で「その辺でしたら、○○駅の△△ホールがあります。その店の××番台に、○月○日に座ってください。それだけでOKですよ。」と伝え、「指定された台に座り、もうかった分の50%を後で振り込んでください。」と約束させられます。

そして、まったく当たりが出ず、「話が違います。」、と話をすると、「手違いがあったかもしれないので、今度は実際に我が社のほうで遠隔操作をしておきます。遠隔機を購入してもらい、それをポケットに入れさえしてくれたら大丈夫です。」という話になり、遠隔機を購入させられます。

4 競馬必勝法詐欺被害事件

競馬必勝法詐欺とは、「競馬は事前にほぼ着順を当てられるほどの有益な情報が、関係者の間で飛び交っているのが実態です。」など、絶対に的中すると虚偽の勧誘をした上で、情報料をだまし取る詐欺です。

「調教師から秘密の情報提供がある。」、「不的中のお詫びとして100%的中レースをご紹介します。」、「JRAの監視人に万全の根回しをしてあるので鉄板レースです。」、「馬主から有力な情報提供がある。」などといって勧誘してきます。

5 ロト6詐欺被害事件

ロト6詐欺とは、ロト6の当選番号を教えると言って情報料等をだまし取る詐欺です。

詐欺業者は電話で「自分はロト6の情報提供会社の者で、抽せん結果を事前に知ることができる。情報料を払えば、あなたにも教える」と持ちかけてきます。

そして、「今日抽せんのロト6の2等の抽せん結果も分かっている。これから言うので、ウソだと思うなら明朝の新聞で確認してください。」と、被害者に数字を伝えます。
被害者が翌日の新聞を見ると、伝えられた数字はたしかに2等に当せんしています。
犯人の話を信じた被害者は、要求された情報料を指定の口座に振り込んでしまいます。

しかし、詐欺業者が伝えてきた当選番号は、既にインターネット等で開示された番号です。

SoudanJissichu43*日曜日の法律相談を開始しました。ぜひ、ご利用ください。

<<メールでもお問い合わせいただけます>>