埼玉総合法律事務所

電話:048-862-0355
コラム

国家が事実を消す時代(弁護士 猪股 正)

弁護士 猪股 正

ポーランドの巨匠アンジェイ・ワイダ監督の遺作「残像」が6月から公開されています。
2013年12月6日、特定秘密保護法が強行採決された晩、ワイダ監督の代表作の一つ「カティンの森」がテレビ放映されました。

第2次大戦下、ポーランドは、ドイツとソ連の両方から侵略され分割占領され、ソ連の捕虜となったポーランド人将校1万数千人がカティンで惨殺されました。穴埋めされていた死体は後頭部から銃弾を撃ち込まれていました。
終戦後、ポーランドは、ソ連の支配下におかれ、カティンの森事件について語ることはタブーとされ、信念に基づき真実を語ろうとする者は次々と弾圧されました。
ソ連は、ナチスドイツの仕業だとしていましたが、1990年、グラスノスチ(情報公開)の流れの中で、機密文書の存在も確認され、ソ連は、スターリンの犯罪であることをようやく認めるに至りました。
戦後45年もの間、真実が封印され続けたわけです。

今、日本では、政権は、不都合な事実を隠し、あるものをないと断言し、真実を語ろうとする人には汚名を着せ、良心を持つ人も萎縮し真実を語れない状況が生まれています。
そして、政権は、6月15日、犯罪を計画段階から処罰する「共謀罪」法案を強行採決により成立させ、国民を監視し処罰できる体制を強化しました。

過去の「残像」が次第に現実へと蘇りつつある今、自由と民主主義、平和が破壊されてしまうことのないよう、所員一同、皆様と共に、がんばりたいと思います。

<関連記事>
「ポーランド人監督アンジェイ・ワイダの遺作公開、そして最後の言葉」(文春オンライン)
「火論:適応と無関心」玉木研二(2017年6月27日毎日新聞コラム)
「『あったものをなかったものにできない。』からもらった勇気」キッズドア理事長・渡辺 由美子
「官邸の醜聞リーク疑惑、背筋が凍る思い 民進・山井氏」(2017年5月25日朝日新聞)
「官邸に逆らえば更迭…夏の人事で文科省“前川一派”大粛清」(2017年6月6日日刊ゲンダイDIGITAL)
<週刊新潮、疑惑追及> 「女性記者」の身辺調査を指示した官邸の強権(週刊新潮2017年6月22日号)
「森友交渉時のデータ消去へ 財務省がシステム更新」(2017年6月2日朝日新聞)
「マフィア化する政治」弁護士 梶山敏雄
「(考論 長谷部×杉田)マフィア化する政治」(2017年6月19日朝日新聞)
「共謀罪 平成の治安維持法-1933年、治安維持法により弾圧された当事務所の為成養之助弁護士」


公募の市民が演じたミュージカル「キジムナー」(弁護士 牧野 丘)

弁護士 牧野 丘

この5月、埼玉会館と立川RISURUホールで計4公演行われたミュージカル「キジムナー」は、各回とも満員の約4400名のお客様にご覧いただきました。
埼玉では15年ぶりの再興。11作目でした。ご覧いただいた皆さま、ご協力いただいた方々、本当にありがとうございました。心より感謝申しあげます。

作品のクオリティについても高い評価をいただくことができました。
私たちの作品は、エンターテイメントであることに向き合っています。エンターテイメントとして評価していただくためには、ただダンスや歌のレベルを上げるだけではいけません。脚本や音楽の中の深い部分に、いかに表現したい事柄や理念を深く練り込むかがまず問われ、心に刺すような演出が求められ、それをキャストたちがいかに感じ取り、ハイレベルに表現するかが大事です。
お客様にそれが伝わると、今度はお客様がそれを舞台の上のキャストたちに熱いオーラで返してくれます。そんな循環が繰り広げられると、舞台という創作に関われて本当に良かった、と心底思います。

今回の舞台は、沖縄。主に戦時中の沖縄戦です。戦争末期、沖縄に東洋一の飛行場を建設する計画がなければ、3ヶ月余りの間に20万人もの人々が亡くなる地獄にはなりませんでした。本土決戦までの時間を稼げという本土からの命令が住民を巻き込む惨事をもたらしました。私たちのミュージカルでは、「護憲」の言葉はおろか「憲法」という言葉も出てきません。
しかし、おそらく明治憲法の視線からは、沖縄戦を別の描き方をすることでしょう。日本国憲法の徹底した平和主義、個人の尊厳の尊重の背景には人間の存在についての深い哲学的な洞察があります。
そんな理念をこの芝居を通じて感じ取っていただければ、私たちの作品は完成です。

今回の再興のきっかけはかつての出演者たちですし、日々の運営は多くの市民のあり得ないくらいの献身さと寛容さによって営まれました。

憲法を護ろうと決めていない人と一緒になって、世の中に種をまく仕事として生命力を持ち続けると、本当に意義深いものになるのではないでしょうか。

プレ金(弁護士 佐渡島 啓)

弁護士 佐渡島 啓

今年の4月28日の金曜日、ツイッターでこんなつぶやきが流れたそうです。

プレミアムフライデーって何だよ、俺たちにそんなのねーよ、もともとホワイトな企業がさらに驚きの白さになるだけだろ、アリエールかよ。

プレミアムフライデー、いわゆるプレ金、経産省によれば、個人が幸せや楽しさを感じられる体験(買物や家族との外食、観光等)や、そのための時間の創出を促すことで、ライフスタイルの変革、地域等のコミュニティ強化、デフレ的傾向を変える、といった効果につなげる取り組みだそうです。

というわけで、プレ金は労働政策よりは経済政策に重点がありますし、先のつぶやきが嘆くようにプレ金で早期退社が実施されている職場はごくわずかですが、しかし、長い目で見れば、これは私たちの働き方に変化を与える一つのきっかけになるのではないか、そんな調査結果が日本生産性本部から公表されました。

新入社員を対象とした「働くことの意識」調査において、(1)職場の同僚、上司、部下などとは勤務時間以外はつきあいたくないという回答が前年比約10%増の30・8%、(2)職場の上司、同僚が残業していても、自分の仕事が終わったら帰るという回答も前年比約一〇%増の48・7%で、この五年ほど続いていた新入社員のワークライフバランスに対する意識が高くなる傾向が、今年の調査でより一層顕著となったのです。

プレ金で早く職場を出ても他の日に仕事が積み残って残業になるだけ、そんな冷ややかな先輩社会人の声も、これからの「ゆとり世代」はかき消していく働き方をしていくのではないか、厚労省も導入することにしたプレ金が長時間労働対策の一貫にならないものか、世間では忘れ去られそうなプレ金を私は注目し続けたいと思います。

「働き方改革実行計画」を批判する(弁護士 髙木 太郎)

弁護士 髙木 太郎

安倍首相は嘘つきである。つくづくそう感じる。TPPで「重要5品目は必ず守る」などと選挙演説していたときから胡散臭いと思っていたが、今から考えると、そんな嘘はまだ序の口であった(その程度の嘘なら従来の自民党政治家も言っていた。)。
しかし、安保法制で従来の憲法解釈を変え、共謀罪をテロ対策と言いくるめ、「私や妻が関与していたら総理はおろか、国会議員も辞める」と大見得を切った「もり・かけ」問題では、事実を隠して幕引きを図る、という態度を見るにつけ、この人の言うことは一切信用できない、と思う。

そんな訳で、安倍政権が推進する「働き方改革実行計画」(2017年3月28日)も信用してはいけない。「同一労働同一賃金」や「長時間労働の是正」など耳障りのいいことを羅列するが、実際にそれを実現する項目は、看板倒れで、実効性に乏しいものが多い。
例えば、長時間労働の是正は、青天井の長時間労働に上限を設けるとしているが、現在厚生労働省が定めている「時間外労働の限度に関する基準」の月45時間、年間360時間を大きく後退させる、月100時間(未満)、年間960時間をその上限にしようとしているのである。基準に従っているレベルの企業にとっては、むしろ長時間労働推進になる可能性すらある。
これに加えて裁量労働制の拡大(営業職や課長クラスの管理職に残業代を払わなくていい制度)、高度プロフェッショナル制度(=ホワイトカラーエグゼンプション、ホワイトカラーの一定年収以上の人の残業規制を外す制度)といった、「残業させ放題」制度の導入が予定されているのである。これまた「嘘つき」と言うしかない。

安倍政権の下で、2016年8月「働き方の未来2035:一人ひとりが輝くために」という懇談会が行われている。ここでは、最初に、徳島県上勝町の「葉っぱビジネス」の成功や1983年の米国のベンチャー企業の事例が取り上げられている。
そして、これらの事例を念頭において、2035年には、「個人が」「企業や経営者などとの対等な契約」によって、「自律的に活動できる社会に大きく変わっていることだろう。」と結ばれている。(安倍政権が言っていることを加味すると)個人と企業は対等だから、労働法の規制をどんどん外していこうという議論につなげる意図が見え見えである。

しかし、「葉っぱビジネス」の成功は、インターネットの活用(1)と葉っぱに着目した商売がたまたまあたったこと(2)による。また、米国のベンチャー企業の例は、インターネットの活用(1)と、類まれなる才能の集まりであった(3)からこそ実現した例だ。いずれも(2)と(3)がなければ「企業や経営者との対等な契約」は実現しない。そして通常、(2)や(3)はない。残るは(1)のみだ。いつでもどこでも働ける(働かされる)ということだけが残るに過ぎない。ここでも誤魔化している。

ああ、やっぱり安倍さんは嘘つきだ、総理が嘘つきの国が長続きするはずがない、早急に安倍さんにはご退場いただくしかない、と思うのである。

事務所旅行(弁護士 徳永 美之理)

弁護士 德永 美之理

毎年、事務所旅行のプランには頭を悩ますのですが、今年は相模湖に出かけました。

早朝に登山しながらも自前の浴衣姿で颯爽と現れる所員、懸命に煙や熱と格闘しながら調理や配膳にいそしむ所員、その後の記憶がなくなるまで飲み続ける所員といった個性豊かなメンバーでバーベキューを楽しみました。

バーベキューは4時間以上も続き、大いに盛り上がりました。
日ごろの疲れも癒されたのではないでしょうか。

宿での宴会では、皆がカラオケに夢中になり、ここ数年恒例の新人弁護士によるマジックショーが機を逸して持ち越しになるほどでした。
来年のショーへの期待は高まるばかりです。

飲んだり語ったり笑ったり、たいへんリフレッシュできました。
また来年も楽しく事務所旅行したいですね。

信頼される弁護士を目指して(弁護士 鈴木  満)

弁護士 鈴木  満

皆様,初めまして。埼玉総合法律事務所の新人弁護士の鈴木満と申します。

私は,山形県山形市で生まれ,名古屋の大学院に進学するまで山形市に住んでいました。

山形市は寒いところという印象が強いと思いますが,74年間という長い間,日本の最高気温の記録を保持していたのは山形市でした。山形市は,冬は寒く,夏は暑いという苛酷な環境なのです。私は,そんな中で生まれ育ったので,忍耐力には自信があります。

どんなに困難な問題に直面しても希望があると信じて粘り強く取り組み,皆様の生活をよりよくするための一助となれるように努力して参ります。

伝統ある埼玉総合法律事務所の一員として,精進して参りますので宜しくお願い致します。

アスベスト被害の賠償制度について(弁護士 竹内 和正)

弁護士 竹内 和正

平成26年10月9日の最高裁判決を受けて、国は、アスベスト工場等の元労働者の健康被害に対し、一定の要件を満たせば裁判上の和解をした上で賠償金を支払う制度を創設しました。

しかし、この制度に基づいて請求をしたのは、全国でも約150人程度の被害者にとどまっています(平成29年6月現在)。
僕が事務局長を務める埼玉のアスベスト弁護団でも、これまで17名の被害者についてしか請求ができていません。

では、なぜ、請求が少ないのか。

答えは簡単、この制度の存在が一般に知られていないからです。

これまで、被害者やその遺族、支援団体は、繰り返し国に対し、各被害者に手紙を送って制度の存在を周知するように求めてきました。

そして、ようやく、本当にようやくですが、国も、個別の連絡をする準備を始めました。

今後、制度の対象となる可能性のある方に、国から手紙が届くことになります。
また、すべての対象者に連絡することは困難なことから、手紙が届かなくとも、制度の対象となる方はいます。

手紙が届いた場合のみならず、体調が悪化してアスベストが原因と疑われる場合等、「もしかしてアスベスト被害?」と思った場合には、ぜひご相談ください。
アスベスト被害の賠償は、命、健康に対する賠償であり当然受けるべきものです。

ワークルール(弁護士 谷川 生子)

埼玉総合法律事務所 谷川生子

多くの人にとって、仕事が生活の基礎であることはいうまでもありません。働く上での基本的なルールを知っておくことは、自分の生活を守ることにつながります。「パワハラ」「セクハラ」「ブラック企業」などの言葉は大分定着しているようですが、それでも、基本的なルールを知らずにいる人はまだまだ多いようです。

勤務先の備品を誤って壊した損害賠償として、毎月一定額を給与から天引きされることを当然のように受け止めている労働者に出会うと(しかも、本来もらえるはずの給料自体が低い。)、もう少しワークルールを知る機会を広げる必要性を感じます。

それは、使用者側においてもしかりで、特に従業員の少ない会社などは、使用者がルールを知らずに前述のような給与の天引きを行っていたりします。学校教育の中で、ワークルールに関する学習が本格的に取り入れられれば良いですが、浸透しているとはいえません。

教育現場の人々は、卒業生がブラックバイトやブラック企業に就職してしまい、心身共に疲弊してしまうという事態に悩んだりもしています。

埼玉弁護士会では、ワークルール教育の取り組みの一環として、弁護士が講師となって、労働法制に関する学習会を開催しています。
これまでに、地域の大学や高校で行われた実績があります。今後もさらに利用が増えればと思います。

では、知識を得たらその次は?

仮に自分が職場で不当な待遇を受けていることに気づいたとして、その後はどうしたらよいでしょうか。
パワハラやセクハラの場合、社内に相談窓口がある場合もあります。あるいは労働組合に相談することもあり得ます。それでは実効性のない場合、労働基準監督署での相談、弁護士会や法テラスの弁護士による法律相談、労働弁護団による労働相談ホットラインなどの窓口があります。

ワークルールと相談窓口を知っておくことが、力になります。

子ども達のために(弁護士 古城 英俊)

弁護士 古城 英俊

5月の連休明け、ベランダにプランターを置いて、プランター菜園を始めました。小さい種をまき、水をやり、芽が出るのを待っていると、小さな小さな双葉が出てきました。だんだん大きくなり、突然の雹にも負けず、立派な水菜、バジル、ミニトマトが育ちました。植物の成長を息子も楽しそうに見ていました。部屋の中からグリーンが見えると気持ちも安らぎます。

息子も生まれたときは小さかったですが、今では元気いっぱい、わんぱくな男の子です。いろんなことを学び、吸収し、自分の意思を表現するようになりました。

幼稚園の父親参観で、たくさんの子ども達の元気な姿を見たとき、ふと考えました。この子達が大きくなったときは、どんな世の中になっているのでしょうか。

お気に入りの歌に合わせて満面の笑みで踊る。
床に両手を打ち付けて泣きわめく。
悲しげで静かな曲を聴いて今にも泣きそうな表情をする。
顔をくしゃくしゃにして目を小さくして私の手を引っぱる。

そんな息子が大きくなっても、今と変わらず平和な世の中であるように、今できることを。

奨学金問題と高校生と私(弁護士 鴨田 譲)

弁護士 鴨田 譲

これまでも奨学金問題についての講演に呼んで頂ける機会が度々ありましたが、最近、給付型奨学金や新たな返済制度である所得連動返還型奨学金の創設など奨学金に関し様々な動きがあり、以前にも増して講演の依頼を頂くことが多くなっている気がします。

これまでは、高校の先生方や保護者の方々にお話する機会が多かったのですが、最近は高校生のみなさんにお話する機会も増えてきました。
先日も高校生の学年集会で奨学金問題についてお話させて頂きました。講演終了後、講演を聞いた生徒たちに対して私の講演に関するアンケートを実施したようなのですが、その際、高校の先生が「アンケートは正直に書いて下さい。」と生徒に伝えたところ次のように本当に正直な意見が返ってきました。

【生徒の意見(一部抜粋)】

話が長い/配布資料が文字ばかりで分かりにくい/話が難しいので具体例を使って説明して欲しい/映像を使って欲しい/もっと簡潔に説明して欲しい/話が長すぎる/眠かった

大人の世界ではなかなか味わえない本当に「正直な意見」が届き、若干たじろぎましたが、自分の講演にまだまだ工夫の余地があることも分かり貴重な経験になりました。
この経験を次回以降に活かしていこうと思います。