埼玉総合法律事務所

電話:048-862-0355
「さくらねこ」を知っていますか?

「さくらねこ」を知っていますか?

1年間に殺処分される猫の数は、約7万匹です。

1匹のメス猫は年に3回出産し、1回に約5匹の子猫を産みます。合計して1年で15匹です。
生まれた子猫が孫猫を生み、さらにその孫猫がひ孫猫を産んだら…あっという間に50匹以上に増えてしまいます。

人間社会の片隅で生きているノラ猫たち、何の罪もない命が殺処分という不幸な最期を迎えないためには、不妊手術を実施し、これ以上増やさない必要があります。

その実現のために、「さくらねこ」活動があります。
ノラ猫を捕獲し、不妊手術を行い、その目印として耳先をさくらの花びらのような形にカットして元の縄張りに戻し、その一代限りの命を地域で優しく見守っていこうというものです。

耳カットは、不妊手術の麻酔が効いている間にするので痛みもなく、出血もほとんどありません。

もし、どこかで耳先がカットされた猫を見かけたら、
「この猫は不妊手術がしてあるんだな。この辺の優しい方々が、世話をちゃんとしてあげている地域なんだな。」
と思って下さい。

そのような活動もあり、猫の殺処分数は、10年前と比べ、3分の1に減りましたが、まだまだ膨大な数です。
まずは、このような現状と、「さくらねこ」活動を知ることが不幸な猫を減らすことには大切なのだと思います。

1日でも早く殺処分がゼロになりますように・・・

 

事務局 山本

印刷する

« »