埼玉総合法律事務所

電話:048-862-0355
冬の月

冬の月

最近は、本当に月が明るいですね。
夜、電気を消して、眠りにつこうとすると、毎晩、月明かりに気づき、ぼおっと空を眺めています。
高くて、小さくて、固い、冬の月です。

僕の父親の戒名(であっているのか・・・)は、高い月が父を照らす、というものです。亡くなった前の晩、月がとても明るかったからという理由でつけられたそうです。(突然のことでしたので、僕には月明かりの記憶はありません。)

当初は、ずいぶんあの親父には不釣り合いな、洒落たのをつけてもらったな、くらいにしか感じていませんでしたが、それから冬の月を見ると思い出します。

そうか、同じ月に照らされているんだなと思い、ぼんやりと、今の僕をみて親父はどう思うだろうか、と考えます。

弁護士 竹内 和正

印刷する

« »