埼玉総合法律事務所

電話:048-862-0355
字をゆっくり書くこと

字をゆっくり書くこと

昔は、字が上手でした。

少なくとも、字が汚いといわれたことはなく、ましてや、読めないといわれたことなどありませんでした。

しかし、仕事を始めてから、いつの間にか、僕の書いた字は読めないといわれるようになっていました。
あまりにも急いで字を書くようになったからでしょうか。
特に、「0」と「9」の区別ができないといわれます。
「0」を上からではなく、下から書き始めてしまうから。
・・・まあ、これは昔からですが。

そして、最近では、自分の書いた字を後で確認するときは、自分で読むときも、前後の流れから推理する必要が出てきました。
事務所内で、事務局の方が判読を断念した文章を、名推理により華麗に読み解き、逆に感心されることもしばしばです。
本当によくないなと思っています。

字を丁寧に書く時間がないわけではありません。余計にかかる時間としては数秒に過ぎないはずです。

文章をゆっくり書く。しっかり、意識して、書く。
あせらずに、あえて、時間をかける。

丁寧に仕事をしていくためにも、実践していきたいと思っています。

photo_00265
弁護士 竹内 和正
印刷する

« »

Scroll Up