埼玉総合法律事務所

電話:048-862-0355
[終了]10/23 日弁連が「全国一斉生活保護『水際作戦』ホットラインを実施

[終了]10/23 日弁連が「全国一斉生活保護『水際作戦』ホットラインを実施

終了いたしました。ありがとうございました。


 日弁連が、10月23日(水)10時~22時、「全国一斉生活保護『水際作戦』ホットライン」を実施します。
 本年2月20日、さいたま地方裁判所は、生活保護の申請を繰り返し拒否した三郷市の行為の違法性を認め、損害賠償の支払を命じましたが、このような事例は、氷山の一角にすぎず、窓口で生活保護の申請を受け付けずに追い返すという違法な水際作戦が全国各地の福祉事務所で横行しています。現状においてさえ、このような状況があるにもかかわらず、生活保護の申請を一層困難にする内容の生活保護法改正案が、本臨時国会で審議予定です。
 このような状況を受けて、各地で横行している水際作戦によって、生活保護の申請を妨げられている人の相談に対応し個別的な支援を行うとともに、違法な運用実態を明らかにし、生活保護制度の改善を求める契機とするため、本ホットラインが企画されたとのことです。

【日時】2013年10月23日(水)午前10時~午後10時

【方法】無料電話相談

フリーダイヤル0120-158-794(ひんこんはなくす)

【相談例】
 例えば,こんな相談に弁護士が直接お応えします。
・申請書がもらえない
・役所(福祉事務所)から次のように言われた。
「家族に援助してもらいなさい」
「生活保護ではなく,別の制度(新たなセーフティネット)を利用しなさい」
「65 歳までは働けるので,頑張って仕事を見つけなさい」
「自動車を処分しなさい」
「所持金がなくなってから来なさい」
「ホームレスなので生活保護は受けられない」
「借金があると生活保護は受けられない」
「家賃が高すぎるから生活保護は受けられない」
「保護費を返してください」
「辞退届を書いてください」

詳細は、日弁連HPをご参照ください。チラシのダウンロードもできます。

2131023生活保護「水際作戦」ホットライン・チラシ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

印刷する

« »