埼玉総合法律事務所

電話:048-862-0355
婚外子差別違憲判決と、司法の役割について – BLOGOS

婚外子差別違憲判決と、司法の役割について – BLOGOS

婚外子差別違憲判決と、司法の役割について
BLOGOS
妻の子は、妻の子の正義を、裁判所に訴えればよい。10年かかるかもしれないし、50年かかるかもしれないが、再び判例を変更させ、相続法を再改正させるまで、自分の正義を訴え続けるのだ。 それが民主主義ということであり、妻でない女性の子が、この50年間、たゆまず行使 

印刷する

« »