埼玉総合法律事務所

電話:048-862-0355
[婚外子差別違憲] 法改正は待ったなしだ – 南日本新聞

[婚外子差別違憲] 法改正は待ったなしだ – 南日本新聞

[婚外子差別違憲] 法改正は待ったなしだ
南日本新聞
その後も最高裁小法廷が5回審理し判例を踏襲したが、個別意見という形で立法による是正を促してきた。この「消極司法」が遅い違憲判断を招いたといえる。 司法の警告を無視し続けてきた国会の責任はさらに重い。戦後、民法改正が行われた際、確かに相続差別撤廃は実現し 

印刷する

« »